INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

緊張しないツボ!手のツボ押しであがり症を克服する方法

緊張しないツボ

世界一簡単なあがり症克服方法をご存知だろうか?前触れなく急に人前で発表しなければいけないときなど、予告なしに遭遇した緊張のシーンにはもってこいの方法があるのだ。それは、「手のツボ押し」である。特に手の内側には緊張をほぐすツボが集中しているのだ。超簡単だが、緊張状態を緩和させる方法として、壮絶な効果のあるツボ押し。今回の特集では分かりやすく解説する。緊張したときは、ツボを刺激してリラックスし、万全の体調で本番を迎えよう。

今回は、緊張したりする場面で効果的なツボ押しです!

俺はあがり症じゃないから必要ないな〜。

サイゴーさんに必要なのは、育毛のツボですからね。

発毛育毛ハゲに効く!毛が生えるツボ押しで薄毛予防しよう!って誰がやねん!

というわけで早速いっちゃいましょう!急な緊張する場面でも、簡単にできて、即効性のある「緊張しないツボ」をご覧ください!

労宮(ろうきゅう)を押す

手のひらの中心で、指を握ると薬指の先端があたるところに位置する。この部分を5秒程度「じっくりと押して、ゆっくりと離す」という動作を5回ほど繰り返す。親指で揉み解すと効果的だ。また先の丸いペンなどを使用しても良い。

効果

精神安定に効果的。気持ちが落ち着かない時やイライラする時などに効くツボであり、緊張を穏和させる働きがある。他にも、血行を良くする働きがあり、疲労回復にも効果がある。

ストレス緩和に効くツボ「労宮」

内関(ないかん)を押す

手首の横じわの中央から、肘に向かって指3本分のところに位置し、二本の太い腱の間にあるツボ。このツボを指で押してみると、腱が2本あるのが分かる。親指でゆっくり押したり、または少し強めにグリグリと刺激してみよう。

効果

自律神経の働きを整えて、ストレスやイライラを解消するなど精神緩和の効果がある。また、食欲不振や乗り物酔いの予防にも効果的。

あがり症解消のツボ 緊張をほぐす内関のつぼ

神門(しんもん)を押す

手首の横じわの小指側の端にある骨と、筋との間の窪みが「神門」というツボである。ここをゆっくりと深呼吸しながら、親指で円を描くように1、2分ほど押してみよう。

効果

心臓との関係が深く、動悸、息切れなど緊張緩和に効果的。他にものぼせやイライラ、安眠にも効果がある。さらに常習性の便秘の解消にも効く。

ストレスが溜まった時に効くツボ・神門

合谷(ごうこく)を押す

手の甲の親指の骨と人差し指の骨のぶつかるところのくぼみにあるツボ。ここを円を描くように、回しながら5秒くらい「じっくりと押して、ゆっくりと離す」という動作を繰り返すと効果的である。

効果

万能のツボと言われており、動悸を整えたり、様々な心身症状に効果があると言われている。他にも頭痛や肩こり、にきびや吹き出ものなどにも効果があり、多汗症を抑えることでも知られている。

合谷の簡単探しかた

ツボはあがり症改善に効果はあるのか?

あがり症改善のためのツボは、本当に効果があるのだろうか?結論から言うと、根本的な克服は無理だと言っておこう。ツボというのは、刺激することで神経の興奮を鎮め、リラックス効果は非常に期待できる。深呼吸も同じで、緊張したときに深呼吸すると気分が落ち着くものである。しかし、深呼吸にしてもツボにしても、一時的にしか効果がないということを覚えておこう。その瞬間の緊張は和らいでも、またすぐにあがってしまうものである。とは言っても、極度のあがり症の人にとっては、その場しのぎだろうが少しでも緊張が和らぐのであれば、万々歳なのだ。だが、あがり症の人は極度の緊張に見舞われないために、根本的な治療や改善を行うことがベストだろう。

根本的な克服は難しくても、かなりのリラックス効果が望めるなら、ありがたいですよね。

根本的にあがり症を克服する方法は、この記事の最後に載ってるので是非、ご覧ください。

おまけ!その他のあがり症穏和方法

渦巻き深呼吸を試そう!

緊張が止まらないときには、「渦巻き深呼吸」を試そう。胸に外側から中心に向かって、渦巻きを指で描いて、それから深呼吸してみてほしい。これを2、3回繰り返すだけで、スッと気分が落ち着く。

ほんとだ!気分が落ち着く!

サイゴーさんは、頭に渦巻きないから効果大ですね!

つ、つむじ?なんでやねん…。

ストレス緩和に効くツボ「風府」で緊張をほぐす

ストレス緩和に効くツボ「風府」

出典:w.grapps.me

ストレス穏和に効果のあるとされるツボ「風府(ふうふ)」は、後頭部と首の境目の太い二本の筋肉に挟まれたくぼみ、つまり髪の生え際から少し上の場所に位置する。頭全体を両手で押さえながら、左右の親指の先を重ねて、痛くない程度に5秒ほど圧しては離すの刺激を、5~10回ほど繰り返そう。効能は下記の通り。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首のこり
  • 風邪の症状(鼻水、鼻づまり、発熱、寒気)
  • 眠気防止
  • 緊張をほぐす

ストレス緩和に効くツボ「風府」

プレゼンで緊張しない方法

ツボも非常に効果的なあがり症改善の方法だが、さらに知っておくだけで緊張を取り除いてくれる方法を紹介しておく。これは、世界的に有名な某企業が発表している「プレゼンで緊張しない方法」である。

  • 恐怖を受け入れ、手なずける。
  • ミスにとらわれない。
  • 内容を熟知する。
  • 練習、練習、また練習。
  • 聴衆に集中する。
  • 成功をイメージする。
  • ベストの状態にする。

シンプルですが、非常に洗練されていて無駄のない方法ですね。必ず覚えておきたいですね。

極度の緊張に見舞われない方法とは?

いかがだっただろうか?ツボ押しで緊張を緩和させる方法は?緊張しないツボを覚えておけば、いざというときに簡単に落ち着くことができるのだ。常日頃から、ツボを指圧する癖をつけておくと良いだろう。

緊張しない4つのツボ

  • 労宮(ろうきゅう)
  • 内関(ないかん)
  • 神門(しんもん)
  • 合谷(ごうこく)

しかし先述した通り、ツボを押すことで一時的な効果はかなり見込めるが、完全にあがり症を克服することは難しい。特に極度のあがり症の人にとっては、根本的な治療や改善を早急に進める必要がある。そしてあがり症克服の最後の決め手となるのが、「メンタル面」からのアプローチである。しかしこの心理的観点からの克服法は、簡単に説明できるものではない。だが当サイトでは、5分程度であがり症を根本から、完全に克服できる夢のようなプログラムをお教えする。心理的なアプローチを中心に、100%あがり症を克服できるプログロムとなっている。

はい、今回勉強したことにプラスし、具体的にそして完璧に実践したい方は、下記リンクの書籍を購入してみてもいいかと思います。詳しくはお教えできませんが、メンタル面を重視した方法や、洗剤意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法まで、これまでになかったプログラムとなっています。一般の書店では販売しておりませんので、真剣にあがり症で悩んでいる方や、完全に治したい方は、下記からチェックしてみてください。