INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

知らなきゃ損するどもりの治し方!大人の吃音が面白いほど改善する方法

大人の吃音が面白いほど改善する方法

円滑に言葉を発することができない「吃音症」、いわゆる「どもり」を抱えながら生活を送っている人は多い。そして世の中には吃音者に対する理解が少なく、どもりの人は深い悩みを抱え生活している。そんなどもりを簡単に治せる方法があったなら…、世の中はもっと笑顔で溢れ返るだろう。当サイトでは、そんな悩みを改善する方法を特集。大人の吃音が面白いほど治る究極の方法をお贈りする。

皆さま、こんにちは!吃音デザイナーのモリチュウです。

おお、いきなり明るい登場だな。マジでモリチュウ、吃音をほとんど改善したもんな。

そうなんですよ!以前は人前で話すことができないだけでなく、電話を取ることさえ恐怖でしたから。今では人生が全く変わりました。いやー、楽しいなぁ!

楽しく人生を過ごすことが一番ですよね。とは言っても、様々な悩みを抱え日々生活している人は、世の中にめちゃくちゃいますよね。当サイトでは、できる限り皆さまの悩みを改善し、楽しい日々を送れるお手伝いをしていきたいと思っております。

今回は、最も基本的などもりの治し方を特集しています。まずは基本を知り、そこからいかに吃音改善につなげていくのかを考えていきたいと思います。

どうして「どもり」になるの?

そもそも、どうして吃音(どもり)になるんだろう。

そこですよね。原因がわかれば、解決の糸口も掴めるはずです。簡単に説明すると、以下のようなことが原因だと考えられます。

  • 吃音の出やすい環境にいる
  • どもらずに滑らかに喋っているイメージがない
  • 呼吸や話し方に問題がある

なるほど。吃音の出やすい環境というのは、人前で話す機会が多い人なんかは該当するわけですね。そのことで強いストレスを感じる生活を送っているということですか。

そうなんです。また吃音者はどもっている自分に対して強い嫌悪感を抱いている人が多く、頭の中で常に自分がどもっているイメージを持っている人が多いんです。

だから、どもらずに話をするイメージが湧かないのか。

あとは、呼吸や話し方に問題があったりします。呼吸が浅ければ、話すときに途切れ途切れになったり、話すスピードが早い人はどもりやすかったりするんです。吃音の原因というのは一つではなく、様々な要因が重なることで引き起こすと考えられているんです。

どもりの治し方や改善方法は?

吃音には、効果的とされる良い改善方法はあるのか?

現代ではまだ原因が明らかになっていないことが多く、はっきりとこれって言う治療法はないんです。でも、ちょっとしたことを意識するだけで、劇的に改善する方法があるんです。それがこちら!

  • どもりにくい場面を想定してみる
  • どもらない良いイメージを持とう
  • どもりにくい話し方をマスターしよう

どもりにくい場面というのは、具体的にどういった場面ですか?

まず先に、どもりやすい場面を想定してみると分かりやすいと思います。吃音の出やすいシーンは、何と言っても「大勢の前で話すとき」ですよね。そういうときには、恥ずかしい気持ちや焦る気持ちが先行して、どもりに繋がったりします。

逆にどもりにくい場面というのは、人が少ない所や一人でいる時なんかだろ。

そうです。独り言を喋っているときを想像してみてください。どもりませんよね。すごく簡単に言葉が出てきますよね。または歌を歌っているときもそうですよね。こういった吃音の出にくい場面を、生活の至る所に作っていくことが大切なんです。そうしていくうちに、どもらない自分を想像することができ、段々と吃音は減っていくのです。

どもりにくい場面や、どもらない良いイメージを想像することが、吃音改善には最も大切なことなんですね。決してネガティブにならず、流暢に話せている自分を、頭の中で思い描くようにしていってください。

どもりにくい話し方をマスターする

吃音の出にくい話し方っていうのは、具体的にはどういったものなんですか。

大切なのは、「話すスピードをゆっくりにする」ことです。吃音の人は急いで話す人が多く、それがどもりに繋がったりします。

ゆっくり話すのって意識していても中々、難しいよな。すぐに元の速いスピードに戻ったりして。

ゆっくりと話す良い方法は、言葉の1音1音を少し延ばして話すことを意識すれば良いかと思います。または、息継ぎの時間を少し長めにとってみるのも良いでしょう。話す前と途中の息継ぎで、息を吐いて力を抜き、息をゆっくり吸います。このように深呼吸することで、話すスピードがゆっくりになり、さらにリラックス効果もあるんです。

まとめ

今回は、吃音症を改善する方法を掲載しましたが、最も大切なのは「言葉を発することに関する小さな成功体験を重ねること」なんです。吃音の原因の核たるものは、「言葉を発することが困難な思い出」なんです。そういった過去のトラウマを消すためには、少しずつ成功体験を重ね、記憶の上塗りをしていくことが重要なんです。

成功体験を重ねるためにも、まずはどもりにくい場面や、どもらない自分を想定することが大切だということか。

そうです。「言葉を話すのが苦手」というイメージのままだと、何も変わることができません。それよりも「少しずつだけど話せるようになってきた」という状態になれば、段々とスムーズに話せるようになってきます。

なるほど。それを積み重ねることで、少しずつ吃音は改善されるということですね。

今回の方法は、吃音改善の基本的なことであり、ほんの一部なんです。実は吃音改善の方法として、世には公表されていない誰も知らない究極の方法があるんです。

吃音(どもり)を改善する究極の方法

世間では「吃音は完全には治らない」と言われているよな。表面上は吃音が消えても、体のどこかに吃音の種が残っているんだろ?

そうですね。吃音は治らないというのが正しい見解かもしれません。でも、吃音が劇的に改善されるのは、多くの研究が証明しているんです。そう考えれば、メンタルリハーサル法の改善率7割を信じてみるのが、一番良い方法かと思われます。そして当サイトでは「M.R.M」を推奨しています。

え、メンタルリハーサル法?M.R.M?何なんだよそれ?

続きは下記リンクより!誰も知らなかった吃音の真実を、目の当たりにしてみてください。