INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

有名人から学ぶ吃音の治し方!大人のどもり治療はM.R.Mで!

有名人から学ぶ吃音の治し方

長年、調査や研究が続けられている吃音(どもり)だが、明確な原因が分からず、謎に包まれている。だが明らかになっていることもあり、吃音(どもり)の知識を得ておくだけでも、改善へと繋がるのだ。今回は、吃音者だった有名人がいかにして克服したかを学び、自身の改善へと繋げる糸口を見いだしていきたい。

吃音(どもり)はいまだに原因が分からないことが多いんです。でも解明されていることもあり、分かっている範囲だけでも学んでおくことが、吃音と上手く付き合うために大切なんです。

完全に克服するのが難しいと言われている吃音ですが、明らかになっていることもあるんですね。

吃音の定義って何?

そもそも吃音(どもり)の定義って何なんだよ。どの辺りの人が吃音者に当たるのか教えてくれよ。

はい、周囲の人は「この人、どもってるな」と感じていても、当の本人が気付いていない場合もあるんです。逆に、周りは全く気付かなくても、実は吃音に悩んでいる人もいるんです。吃音とは人によって定義は異なるんですが、下記のような事柄が吃音の定義として主流ではないかと思います。

  • 音を繰り返したり、つまったりするなどの明確な言語症状がある。
  • 脳や発語器官等に明確な根拠が求められない。
  • 本人が流暢に話せないことを予期し、不安を持ち、悩み、避けようとする。

どもりの基本的な症状である音を繰り返したり、つまったりと、明らかな言語症状が見られ、器質的に明らかな根拠がなく、自分でスムーズに話せないことを予測し、避けようとするということですか。なるほど、定義としては分かりやすいですね。

吃音者に見られる悪い癖

吃音症の人には、共通して見られる悪い癖があります。これらの癖は無意識に行なっていることが多く、余計に吃音を悪化させるものなので、その癖に気付き、改善していくことが、吃音を克服する第一歩かと思います。それでは、吃音者に見られる悪い癖を見ていきましょう。

  • 別の言葉に言い換える
  • 早口になってしまう
  • 呼吸が浅い
  • 猫背
  • 無駄に体を動かす
  • 体に力を入れすぎる

別の言葉に言い換る」というのは代表的な悪い癖ですね。自分が言いにくい苦手な単語を、言いやすい別の単語に言い換えて話をしてしまうんですよね。しかしこの行為は、余計に苦手な単語を増やしてしまうだけですので、止めるようにしましょう。

早口になってしまうというのは、多くの吃音者に共通することだな。吃音者はゆっくり話した方がいいって、前の特集で言ってたよな。

また、浅く早い呼吸は吃音を引き起こすんです。注意してください。そして実は、吃音者には猫背が多いという共通点があるんです。猫背のような悪い姿勢だと、呼吸が浅くなるんです。また姿勢が悪いと、ネガティブな感情に駆られがちになります。日頃から姿勢良く過ごすことが大切ですね。

無駄に体を動かす」というのは、吃音者に多いですね。言葉に詰まると過剰にジェスチャーしたり、手足を動かしたりと、無理に言葉を出そうとする人です。これは吃音を体に記憶させてしまう恐ろしい癖なので、余計なジェスチャーは絶対にやめましょう。

最後に「体に力を入れすぎる」ということですが、吃音者は喉や口、お腹などに力が入ってしまう人が多いです。これによって呼吸が喉を塞ぎ、声が出ないというような吃音に繋がってしまいます。リラックスして話をするように心掛けましょう。

吃音を克服した有名人は?

さて、いよいよ本題です。吃音(どもり)を克服した有名人は、実は世界中に大勢いるのです。

彼らがいかにして吃音を克服し、成功に繋がったのかを学ぶというわけだな。

そうです。彼らが吃音を乗り越えたターニングポイントこそが、吃音を克服するための大きなヒントとなるはずです。日本でも吃音を克服した有名人はたくさんいますが、海外のハリウッドスターにも、吃音症だった有名人は多いのです。

克服するのがかなり難しいと言われている吃音ですが、ここで紹介するのは誰もが知る世界的女優のエミリー・ブラントのお話です。

エミリー・ブラント吃音克服ストーリー

映画「プラダを着た悪魔」がヒットし、一躍有名なハリウッドスターとなったエミリー・ブラント。そんな彼女だが、実は8歳から吃音症で悩まされていたのだ。彼女の人生を変えることになったターニングポイントは、学校の先生からのアドバイスだった。彼女が吃音で悩んでいることを知っていた先生は、「アクセントを変えて話してみたら?」とアドバイスしてくれたのだ。

そして彼女は、普段とは違うアクセントを意識し、なまり混じりの言葉で話したのである。そうすることで、普段より格段に吃音が出にくいことが判明。その後も彼女はアクセントを変え、様々な有名人を真似るなど、他の誰かを演じるようになったのであった。

それを繰り返すうちに、いつの間にか吃音の症状が軽くなり、段々と会話に自信が持てるようになってきたのだ。そして、その自信がさらに吃音克服へと繋がっていったのだ。

それからというもの、すっかり「他人を演じること」に取り憑かれ、やがて演劇の世界で大成功を収めるのであった。

もし彼女が吃音症じゃなかったら、エミリー・ブラントというハリウッド女優は誕生しなかったわけか。

吃音を乗り越えることは、自分の夢を叶える上で大切なことなんですよ。さて、他にも吃音を乗り越えた有名人がたくさんいるので見ていきましょう。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:ord.yahoo.co.jp

秋野暢子

女優 1957年1月18日生まれ

小学校時代は、吃音のため引っ込み思案で、いじめられっ子だった。5年生のとき、担任の先生の強い推薦により舞台に上がり、スムーズにセリフが言えたことに自信を持つようになる。演技をしているときは吃音が出ず、それがきっかけで演劇の道へ進むようになった。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:plaza.rakuten.co.jp

藤沢周平

小説家 1927年12月26日生まれ

直木賞受賞作家であり、テレビ化や映画化された作品も多い。子どもの頃から吃音に悩むが、中学時代は級長をつとめるなど、自らを人前に立つ場へと誘った。その結果、自信が生まれ、いつの間にか吃音が治っていたという。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:gendai.ismedia.jp

田中角栄

政治家 1918年5月4日生まれ

第64代・64代内閣総理大臣。幼い頃から吃音に悩まされていたが、歌っている時だけ吃音が出ないことに気付いた。浪花節を歌って吃音を克服したらしい。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:www.lib.city.minato.tokyo.jp

神近市子

政治家 1888年6月6日生まれ

戦後、国会議員として活躍し、女性解放運動や売春防止法の制定に尽力した。幼いころ吃音だったが、英語で話すときは吃音はあまり出ないということに気付き、克服へと繋がった。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:books.bunshun.jp

扇谷正造

評論家 1913年3月28日生まれ

「週刊朝日」編集長。「週刊誌の鬼」として知られた。元々早口で、中学に入ってから吃音が出始める。しかし「ゆっくり話すこと」を意識することで、自然と早口も解消。吃音も出なくなった。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:endia.net

小倉智昭

フリーアナウンサー 1947年5月25日生まれ

朝の情報番組「とくダネ!」の司会者として有名。幼少期から吃音をからかわれ、「いつか返してやろう!」との思いかあら、あえてアナウンサーの道を志した。一見、吃音を克服したようにも思えるが、まだ完全には治っておらず、自らを「吃音キャスター」と名乗っている。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:t.pia.jp

桂ざこば

落語家 1947年9月21日生まれ

人気落語家。吃音を逆手にとりキャラを確立し、今も落語家・タレントとして活躍中。

有名人から学ぶ吃音の治し方

出典:www.flickr.com

タイガー・ウッズ

プロゴルファー 1975年12月30日生まれ

世界的に有名なアメリカのプロゴルファー。子どもの頃から吃音に悩んでいたが、ある2つの方法により吃音を克服した。それは、飼い犬に話しかけることと、ゴルフに集中すること。これはメンタルリハーサル法に似た効果があるのではないかと言われている。。

皆さん、様々な方法で吃音を克服していったのですね。中でも「演じる」というのは効果的なのでしょうか。または、「自らを人前で話す機会の多い場に置く」というのも大切かと思います。タイガー・ウッズ氏の所で出たきた「メンタルリハーサル法」は当記事の最後の「吃音(どもり)を改善する究極の方法」で説明しますので、どうぞ最後までお読みください。

やっぱり「他の誰かを演じる」ってのは効果あるんですね。いつもとは違うイントネーション、アクセントを意識して会話するようにしてみるといいのではないでしょうか。

吃音の人は、非常に単調なイントネーションで話すイメージあるよな。これって吃音が出やすい話し方なんだろ?

思い切って他の人になりきって話してみることは、吃音改善に繋がるんですね。そして少しでもどもらなくなったら、それが自信に繋がり、克服への大きな一歩になるはずです。

吃音にならない話し方ってあるの?

吃音(どもり)を克服した有名人からは、「他の誰かを演じる」ことの効果や、ゆっくりと話すことが改善へと繋がることなどを勉強させてもらったな。

やはり「単調な話し方をする」ことが、吃音者に共通して見られる悪い話し方だといいうこが分かってきましたね。単調なイントネーションというのは、吃音の発生率が上がるんです。

逆に吃音が発生しにくい話し方があるんです。何だと思いますか?それは「抑揚を付けた話し方」なんです。抑揚を付けて話すことによって、左脳の言語機能を活性化させるんです。また脳全体の伝達も活性化するんです。

それに聞き手にとっても抑揚のある話し方というのは、とても聞きやすいですよね。まずは、単調な会話を止めること。そして抑揚を意識して話をすることが大切なんです。

もちろんこれだけで吃音を克服するのは無理ですが、最初のステップとして非常に重要なことですので、吃音でお悩みの方は、必ず実践するようにしてください。

吃音を克服する上で、「抑揚を付けて話す」というのは基本となるわけか。

そうなんです。吃音(どもり)の完全克服のためには必要不可欠なことなんです。それでは最後に吃音(どもり)を完全に改善する究極の方法を、当サイトでだけお教えいたします。

吃音(どもり)を改善する究極の方法

世間では「吃音は完全には治らない」と言われているよな。表面上は吃音が消えても、体のどこかに吃音の種が残っているんだろ?

そうですね。吃音は治らないというのが正しい見解かもしれません。でも、吃音が劇的に改善されるのは、多くの研究が証明しているんです。そう考えれば、メンタルリハーサル法の改善率7割を信じてみるのが、一番良い方法かと思われます。そして当サイトでは「M.R.M」を推奨しています。

え、メンタルリハーサル法?M.R.M?何なんだよそれ?

続きは下記リンクより!誰も知らなかった吃音の真実を、目の当たりにしてみてください。