INSERT COIN
グッドスタイル
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
スニーカー

メンズスニーカーのブランド別人気ランキング!大人は定番から攻めるべし!

メンズスニーカーのブランド別人気ランキング

昨今のスニーカーブームにより、復刻版を中心とした数々のメンズスニーカーが脚光を浴び、その人気は今だに衰えない。理由の一つとして、各ブランドそれぞれの個性がスニーカーに表現され、どのブランドからも“名作”と言われるものがいくつも登場している。今回、ナイキ、アディダス、コンバースと、世代を超えて愛され続ける大定番スニーカーブランドから、特に人気の高い機種をピックアップしてランキングを作成。スニーカー選びに絶対に失敗したくない大人たちの“指南の書”としていただきたい。

スニーカー選びって迷いますよね?

めっちゃ迷うな。人それぞれ、好きなスニーカーブランドがあると思うけど、それでも迷うな。

僕はブランドを決めて買い物しないので、かなり迷います。

ある程度、ブランド別の定番というかランキングがあれば、どれが人気なのか一目瞭然で、購入するときの参考になりますよね。というわけで、今回のメンズスニーカー特集は、ブランド別人気ランキングを大公開!スニーカー選びに四苦八苦する大人たちへお贈りいたします。

ナイキの人気メンズスニーカー3選

ナイキ(Nike, Inc.)は、アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置く、スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業である。

1964年、自作のランニングスニーカーを制作していたビル・バウワーマン(オレゴン大学陸上部コーチ)と、フィル・ナイト(同陸上部選手)が共同で資金を出し合い、ブルーリボンスポーツ社を設立。同社の主な業務は、日本のオニツカダイガー(現アシックス)のスニーカー製品の輸入販売と、その開発であった。それらのスニーカーはアメリカで非常に高い支持を獲得し、自社ブランドをスタート。NIKEという名前の由来は、社員の一人ジェフ・ジョンソンが夢で見た、ギリシャ神話の勝利の女神「ニーケー (Nike)」からである。

今までのアウトソールの常識を塗り替えた革新的な「ワッフルソール」の開発を機に、ナイキは一流企業へと成長。また、ハイテクスニーカーブームの火付け役ともなったナイキのエアシステムは、その後のクッション技術に多大な影響を与えた。

クリックで商品ページへ

ナイキ エアフォース1【NIKE AIR FORCE 1】

1位

1982年に発売されたナイキバスケットボールの名作・エアフォース1。常にスニーカーブームの中心にあり、もはや国民的スニーカーとも言えるナイキの看板スニーカーだ。2008年からは「NIKE ICONS」として他のモデルと一線を画すラインとして展開されている。どんなシーンにもマッチするクラシックなシルエットは、今なお多くのファンを魅了し続けている。

ナイキ エアハラチ【NIKE AIR HUARACHE】

2位

’90年代を代表するナイキランニングシューズ「エアハラチ」。まるでソックスのような抜群のフィット感を誇る「ハラチシステム」を搭載した、イノベーションランニングモデルの完全復刻だ。

ナイキ コルテッツ【NIKE CORTEZ】

3位

1972年にナイキが発足すると同時にデビューした、記念すべきナイキブランド処女作「コルテッツ」。こちらはコルテッツ第二世代のデザインがクラシックコルテッツとしてリイシュー。軽量クッショニングを提供するEVAウェッジミッドソールや、耐久性と多方向へのトラクションに優れたヘリンボーンパターンのソリッドラバーアウトソールなどを搭載している。

アディダスの人気メンズスニーカー3選

世界的スポーツブランドとしての地位を確立したアディダス(adidas)。誰もが知る数々の名作スニーカーを生み出し、特にオリンピックに90年間近くスニーカーを提供し続け、アスリートの足元を支えるために様々な最新技術を研究している。ブランドの象徴である3本のバンテージは、スポーツスニーカーの補強の為に編み出された。

1920年、ドイツのニュルンベルクにて靴職人の息子として生まれた「アドルフ・ダスラー」と「ルドルフ・ダスラー」の2人が共同で出資し、靴製造の会社「ダスラー兄弟商会」を設立。弟のアドルフは自身の相性である「アディ」と名字のダスラーから「ダス」を採ってadidas(アディダス)というスニーカーブランドを発足させた。ちなみに兄のルドルフは名前から「RUDA」というブランドをスタートさせ、「もっとフットワークの軽いブランド名を」と考え、プーマ(Puma)に変更した。

クリックで商品ページへ

アディダス スーパースター【adidas SUPERSTAR】

1位

adidasと言えば、「スーパースター」と言っても過言ではないほど、定番中の定番といえる人気スニーカー。1969年にプロバスケットボール用のシューズとしてデビュー。NBA選手たちに愛用されたことから一躍注目を集め、瞬く間にストリートウェアの定番アイテムとなったアイコン的スニーカーだ。

アディダス スタンスミス【adidas STAN SMITH】

2位

アディダスの超ベストセラーモデル「スタンスミス」。元々はテニスシューズとして登場し、プロテニス選手の名前が名称の由来であることは有名な話。だが、ギネスに登録されるほど世界中の人々に支持を得たきたのは、そのシンプルなフォルムがあってこそ。時代の流れに左右されないスタンダードなシルエットは、完成された究極形であろう。

アディダス カントリー【adidas COUNTRY】

3位

1973年にアディダスより発売された名作「カントリー」は元々、屋外でのクロスカントリー競技向けに開発されたスニーカーであった。当時の最先端技術を注ぎ込んだ機能性と、完成されたレトロなデザインが、アディダス史上に名を残すこととなった。スマートなシェイプが美しく、様々なファッションに合わせやすいことから幅広い層に愛され続けている。

リーボックの人気メンズスニーカー3選

独自の研究開発に裏打ちされた機能性の高いスニーカーを作るブランド「リーボック(Reebok)」。ローバルメッセージを「YOUR MOVE」とし、スニーカーなどの製品開発以外にも、フィットネスプログラムの提供や消費者参加型のスポーツイベント等も行っている。

1990年代において「PUMP SYSTEM」等のハイテクスニーカーを多数排出し、スニーカーブームを牽引してきた。今もスニーカーブランドの第一線で活躍する人気の高いブランドだ。社名リーボック(Reebok)の由来は、俊敏さを連想させる動物「ガゼル」のアフリカでの現地名「リーボック」から。

クリックで商品ページへ

リーボック インスタポンプ フューリー【Reebok INSTAPUMP FURY】

1位

Reebokの不朽の名作「インスタポンプ フューリー」。これまでに数多くのブランドやアーティストとコラボレートモデルを発表し、多くのファンを魅了し続けている。’90年代のスニーカーブーム最盛期から現在において、根強い人気を誇るモデルだ。

リーボック イーエックスオーフィット【Reebok EX-O-FIT】

2位

1980年代後半に登場したハイカットのメンズフィットネスシューズ「イーエックスオーフィット」が、オールラウンドに履けるカジュアルスニーカーとして復刻。今ではリーボックの定番モデルとなっている。スポーツジムで履くことも可能で、アッパーはガーメントスムースレザー、ミッドソールはクッション性が良好で軽量なEVA合成樹脂を採用している。

リーボック ポンプ オムニ【REEBOK PUMP OMNI】

3位

究極の快適さとフィット感を追求し、数多くのプレーヤーの足元を支えてきたスニーカーは、今もなお輝きを失うことなく、不屈の名作として存在している。その勢いと注目度は年々上昇し、スニーカーを語る上で外すことのできない一足となっている。

コンバースの人気メンズスニーカー3選

2003年に買収され、今はナイキの子会社であるコンバース(CONVERSE)。シンプルでどんなファッションにもマッチし、価格も安価で、さらに様々なカラーやパターンのバリエーションがあるため、何足も持っている人も多い。

1908年マーキス・M・コンバースは、雨や雪の中でも作業のできるラバーシューズを製造しようと考え、コンバース社を設立。品質の高さから圧倒的な支持を得るものの、雪の多い冬場に需要が集中してしまい、夏場の低迷期の売上げに頭を抱えた。そこで注目したのが、1年を通し安定した需要のあるバスケットボールというスポーツだった。

そして1917年、世界初のバスケットボール専用スニーカー「ALLSTAR(オールスター)」を作成。驚くべきは、このとき完成した初期のオールスターと、現在のオールスターのスタイルがほとんど変わらないということである。

クリックで商品ページへ

コンバース オールスター【CONVERSE ALL STAR】

1位

1917年の登場以来、長きにわたって愛され続けてきた普遍のデザインは、シンプルなシルエットながらしっかりと存在感を放ち、男女問わず絶大な人気を誇っている。どんなスタイルにも合うローカットタイプは、一足は持っておきたいマストアイテムだ。

コンバース ジャックパーセル【CONVERSE JACK PURCEL】

2位

1935年に、バドミントンのワールドチャンピオン「ジャック・パーセル」が開発に携わり誕生した、シグニチャーモデルの先駆け的アイテム。オールスターと並び、コンバースを代表するアイコンの一つ。つま先のラインは”スマイル”、ヒールラベルのデザインは”ヒゲ”と呼ばれ、今もなお多くの人に愛され続けている。

コンバース ワンスター【CONVERSE ONE STAR】

3位

オールスターの後継機として1968年にリリースされたのが「ONE STAR」。コンバースの象徴である星マークを側面にあしらい、永久不変の定番として認知されている1足だ。当時は、材料の「スムースレザー」の供給が安定せず、わずか4年弱で生産中止となった。しかし10年後、日本の老舗履物メーカー「ムーンスター」が、「MADE IN JAPAN」として復活させ、世界に日本の技術の高さを知らしめた。

プーマの人気メンズスニーカー3選

世界で始めて、ファッションブランドとスポーツブランドのコラボを行ったプーマ。アスリートの足元を支える技術力とファッション性の高さで人気を博し、数々の名作を世に出すスニーカーブランドとして確固たる地位を築いている。

1920年、ドイツのニュルンベルクにて靴職人の息子として生まれた2人の兄弟の弟「アドルフ・ダスラー」は、adidas(アディダス)を設立。兄の「ルドルフ・ダスラー」は自身の名前から「RUDA」というブランドをスタートさせ、「もっとフットワークの軽いブランド名を」と考え、プーマ(Puma)に変更した。

サッカー用品を扱うブランドとして非常に知名度の高いPUMA(プーマ)だが、F1やMotoGPなどのモータースポーツにおいても非常に強い影響力を持ち、多くのF1ドライバーたちがプーマのレーシング用スニーカーを使用している。

クリックで商品ページへ

プーマ スウェード【PUMA SUEDE】

1位

プーマのプロダクトの中でも、特に人気で長年愛されている「PUMA SUEDE」。’80年代に「ビースティーボーイズ」など数多くのアーティストによって履かれ、スケートカルチャーや、HIPHOPカルチャーを代表するモデルとなっている。ファッションを彩る足元のアクセントに最適な1足だ。

プーマ ディスクブレイズ【PUMA DISC BLAZE】

2位

足の「甲」部分に取り付けられた円形を回し、個人の足の形に合わせられる「DISC SYSTEM(ディスクシステム)」で話題になった「プーマ ディスクブレイズ」を現代風にアレンジ。黒をベースにモノトーンに仕上げ、スタイリッシュさを格段に向上させた。今後の進化にも注目したい。

プーマ スカイII【PUMA SKYII】

3位

1980年代にバスケットボールシューズとして発売された、クラシックコートモデル「Sky II」のアレンジモデル。シャープなハイカットシルエットが特徴で、スウェードのアッパーにガムソールを採用したブーツライクな仕上がりになっている。当時のアメリカで流行していた、ストリートバスケやスケートボードの愛好者達から、非常に高い支持を得た名作として、今なお語り継がれている。

オニツカタイガーの人気メンズスニーカー3選

現在ではアシックス(ASICS)という社名に変更されたオニツカタイガー(Onitsuka Tiger)だが、ファッションアイテムとしてはアシックスで出されるスニーカーよりも人気が高いため、オニツカタイガーはスニーカーブランドとして今でも製造販売されている。

日本を代表するシューズブランド「オニツカタイガー」は、1949年に鬼塚喜八郎氏によって誕生。それまで量産が困難とされていたバスケットボールシューズを完成させ、一躍注目を浴びた。第一号のバスケットボール用スニーカー製造時に、当時の工場長がシャレで靴の裏に入れた虎のマークを鬼塚氏が気に入ったため、トレードマークとなった。

1977年、合併により会社名を「アシックス」に改名したが、2002年にオニツカタイガーは復活。当時のブランドスタイルをもとに現代に復刻させ、レトロな雰囲気を持った個性的なデザインから、ファッションアイテムとして今なお人気を博している。

クリックで商品ページへ

オニツカタイガー コルセア【ONITSUKA TIGER CORSAIR】

1位

1970年代にトレーニングシューズとして発売され、世界的に起こったジョギングブームの先駆けとなったモデル。2017年、オリジナルにより近いシルエットとなって復刻。

オニツカタイガー メキシコ 66【ONITSUKA TIGER MEXICO 66】

2位

オニツカタイガーの名作スニーカーの中でも、定番中の定番であるトレーニング用のスニーカー「メキシコ66」。1968年開催のメキシコオリンピックに併せて開発が進められ、アシックスストライプが初めて付けられたことでも有名な1足だ。

オニツカタイガー メキシコ ミッド ランナー【ONITSUKA TIGER MEXICO MID RUNNER】

3位

日本はもちろん、ヨーロッパの若者を中心に、レトロスニーカーとして人気の高いモデル「ミッド ランナー」。1964年、日本代表選手の専用スニーカーとして製造され、カタログにも登場しない存在だった。そんな“幻のスニーカー”が、オニツカタイガー復刻の場面で初めて一般公開されることになり、爆発的な人気を獲得した。

バンズの人気メンズスニーカー3選

サーフィン、スケートボード、BMXなど様々なアクションスポーツと密接な関係にあり、業界をリードする起業であるVANS(バンズ)は、サブカルチャーのアイコン的存在として多くのファンから愛されるスニーカーブランドである。

レトロな風合いのバルカナイズド製法のソールを使用したスニーカーを中心に、ハリウッドスターやミュージシャンからも高い支持を獲得している。

1966年に「ポール・ヴァン・ドーレン」と3人のパートナーがVANSを設立。名前の由来は「ヴァンと、その仲間達」。

クリックで商品ページへ

バンズ エラ【VANS ERA】

1位

VANSのクラシックラインのアイコンモデル「ERA(エラ)」。様々なカラー、スタイルがリリースされ、多くのラインナップが並ぶVANSの中でも不動の人気を誇る。ストリートからカジュアルまで、汎用性の高いデザインが人気の秘密だ。

バンズ オールドスクール【VANS OLD SKOOL】

2位

VANSクラシックラインの代表モデル「オールドスクール」をアップデートした新定番モデル。アッパーには摩耗に強いタフスウェードを採用し、耐久性を向上させた。また、特徴でもあるサイドテープをルッキングはそのままに、従来のモデルより軽量化。インソールは吸湿速乾性に優れた低反発素材の「ULTRA CUSH」を搭載し、履き心地もアップデートしている。

バンズ スリッポン【VANS SLIP ON】

3位

「OLD SKOOL」や「ERA」と並んで不動の人気を誇るモデル。シーズンカラーも発売毎に好評だが、定番カラーは1足は持っておきたいスニーカーだ。ワッフルソールとシンプルなデザインが一番の魅力であり、スタイルを選ばないので幅広いシーンで活躍する。

ニューバランスの人気メンズスニーカー3選

扁平足を治す矯正用スニーカーのブランドとして産声を上げたニューバランス(New Balance)。その時に培った技術と経験から、「この世で最も足を知っているスニーカー」と形容されるほど。

履き心地を優先する大人のイメージを持つニューバランスだが、近年では若者の間でも話題になり、卓越した機能性とデザイン性により注目を集めている。

クリックで商品ページへ

ニューバランス ML574【NEW BALANCE ML574】

1位

ニューバランスの伝統であるアッパーデザインを継承する「574」は、シンプルなデザインでどんなスタイルにも合わせやすく、さらに超快適な履き心地となっている。ファッションアイテムとしての完成度を高めたストリートシーンでも、圧倒的な人気のスニーカーだ。

ニューバランス M1300【NEW BALANCE M1300】

2位

完成されたクラッシックなデザインと、履けば履くほど足に馴染む履き心地から、スニーカー界のロールスロイスと称されたフラッグシップモデル「M1300」。独創的な「ENCAP」をミッドソールに搭載することで、優れたクッション性及び高度な安定性を実現。かの有名なラルフローレンを「まるで雲の上を歩いているようだ」と絶賛させ、各界の著名人からも広く愛用されるなど、多くの人の心をつかんで離さない。

ニューバランス M990【NEW BALANCE M990】

3位

1982年に発売され、その卓越した機能性と完成度の高さで絶大なる人気を博した「M990」。その「990」がさらなる進化を遂げ、アップデートモデルとして登場。抜群の履き心地に加え、デザインも細部にまでこだわり抜いた至高の1足。最大の魅力はなんと言ってもそのスタイリングの美しさであり、細身のスッとしたフォルムはもはや芸術だ。

おまけ!ベストなスニーカーブランドを選んじゃおう!

いかがでしたか、メンズスニーカーのブランド別人気ランキングは?

各ブランドの概要なんかも勉強になり、購入の際にかなり参考になりますね!

スニーカーの奥深さというか、込められた思いなんかが伝わってくるような…。

あれサイゴーさん、珍しく何か感じるものがあったのでしょうか?様々な定番の名作スニーカーを見ていただいたのですが、「まだどのブランドか決めかねている!」という人もいるでしょう。そんな人のために、当サイトでは「決断くじ」をご用意しました。どのブランドのスニーカーを購入するのか、くじで決めてみてはいかがでしょうか。

決断くじ
どのブランドが出るかな♪

上記で紹介したスニーカーのブランドはほんの一部ですので、もっと多くのブランドの中から選びたいって方もいるでしょう。そこで下記に「人気のスニーカーブランド一覧」を掲載しておきますので是非、参考にしていただければと思います。

人気のスニーカーブランド一覧

  • ナイキ(NIKE)
  • アディダス(adidas)
  • リーボック(Reebok)
  • コンバース(Converse)
  • プーマ(Puma)
  • オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)
  • バンズ(VANS)
  • ニューバランス(New Balance)
  • パトリック(PATRICK)
  • アドミラル(Admiral)
  • スペルガ(SUPERGA)
  • グラビス(GRAVIS)
  • ミズノ(MIZUNO)
  • ティンバーランド(Timberland)
  • スケッチャーズ(Skechers)
  • ピーエフフライヤーズ(PF FLYERS)
  • ケッズ(keds)
  • メレル(MERRELL)
  • サッカニー(Saucony)
  • キーン(KEEN)
  • ロックポート(ROCKPORT)
  • ドラゴンベアード(Dragon Beard)
  • モーブス(mobus)
  • スープラ(SUPRA)
  • ケースイス(K-SWISS)
  • スペリートップサイダー(SPERRY TOP-SIDER)
  • ロイヤルエラスティクス(Royal Elastics)