INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

【平常心を保つコツ】あがり症克服は「動じない心」にあり!

あがり症克服は「動じない心」にあり

あがり症の原因の1つに「心の乱れ」というものがあり、あがり克服を妨げる大きな壁となっている。「心の乱れ」をなくし、どんなことがあっても「平常心」で前向きに生きられたなら、あがり症を心配する必要などないのだ。今回は、あがり症を克服し、幸せな人生を手に入れるために、「動じない心」の作り方を特集する。あがらない人生なら、必ず夢を叶えられるはずだ。

「心の乱れ」をなくし、「動じない心」を作るための心構えをお伝えしていきます。

「動じない心」最高ですね。僕、ものすごい動揺しまくりですもん。

動かざること山の如し!見よ、俺の髪を!まさに「動じない心」の極み!

ただの「動かない髪」じゃねえか!つるっぱげだから風にもなびかず、動かないのは当たり前だわ!さすが武田信玄、ハゲつながり!ということで、「動じない心」を作る心構えをどうぞ!

「物事に動じない人」とは?

物事に動じない人」は人の前に立ったときでも、あがり症とは無関係かのごとく、実力を発揮する。そんな「物事に動じない人」だが、大きく分類すると2種類の人がいることが分かる。まず1つは、「誰の話も聞かない人」。生まれ持った性格によるものが大きく、他人の話が全く耳に入らないという人だ。他人の言葉に振り回されることはないので、自由に動き回れるということである。しかし、暴走してしまうパターンが多く、要注意である。2つ目は、「自分の基準を持った上で、他人の意見を受け止める人」である。こちらのタイプは他人の意見を一度受け止めるのだ。その上で自分なりの判断基準で、その意見を確認していくのである。自らがブレないために軸を作り、他人の意見に大きく振り回されることのない人がこのパターンなのだ。こちらは生まれつきの性格ではなく、後天的に目指せるものである。

2つ目のパターンが参考になりますね。自分の判断基準を作り、ブレない軸を設けてください。他人の意見に左右されず、どんなことがあっても物怖じしない自分を目指しましょう。

自分の弱さを受け入れる

「メンタルが弱いことぐらい、自分でも分かってるよ!」。そうお思いの方は多いだろう。そして、メンタルが弱いと感じていても、自分の弱さを受け入れられない人は多い。「自分はもっとできるはずだ!」と心のどこかで思っているのである。しかし、弱さを受け入れられなければ、「今自分には何が足りないのだろう?」と客観視することもできないのだ。自分が置かれている位置を理解しなければ、これから何をしていったらいいのかも見えてこない。まず自分の弱さを受け入れて、「何が悪くて、これから何をしていけばいいのか」を冷静に見極めていくことが大切なのである。そして自分の弱さを受け入れることは、あがり症を克服するためにも、非常に大きな要因となってくることを忘れないでほしい。

自分はもっとできるはずだ!」って必ず思ってしまいますよね。「まだ本気を出していないだけ」って。

「今自分には何が足りないのだろう?」と客観的に見ることが大切なんだな。まあ、俺のようなパーフェクトヒューマンには足りない部分なんてないけどな。

髪の毛が大幅に足りないだろうが!

人からの評価を気にしない

人間は皆、人からの評価を気にしながら生きている。「変なこと言っていたら、周りから白い目で見られる」など、自分の行動基準が「人の評価」になってしまっているのだ。そして、そのことがあがり症を克服できないでいる原因にもなっているのである。本来、人はもっと楽に自分らしく生きたいと願っているはずだ。では、どのようにすれば人の評価を気にせず、自分らしく素直に生きられるのか。まずは、「私は人の評価など気にせずに生きてもいいのだ」と自分自身に許可してあげよう。そして、自分の行動基準を「人の評価」から「自分」にシフトしていこう。そうすれば徐々にではあるが、「人からの評価を気にしない生き方」ができるようになり、自分らしく生きることができるのだ。

「人の評価」から「自分」へと行動の基準を移していってください。そうすれば「人からの評価を気にしない生き方」ができるようになるはずです。

「不安は妄想にすぎない」ことを知る

失敗したらどうしよう」など、人は常に不安を抱えて生きている。「不安」というものは、実態のない何かに怯える恐怖の感情であり、言ってしまえば頭の中の想像の出来事なのだ。つまり「不安」とは「妄想」なのであり、「妄想は妄想にすぎない」と客観的に理解して、それ以上に「反応しない」ことが大切となってくる。「妄想は、次の妄想を呼ぶ」というのが心の性質であり、考えれば考えるほど、不安は増えてくるのだ。

「あのときも失敗したし、どうせダメだろう」というネガティブな感情は、倍増してしまった妄想の例である。ではどうすれば、不安という妄想を取り除けるのだろうか。それは「行動」することである。つまり「やってみる」ということ。どんな世界でも経験の積み重ねであり、成果が出るまではそれなりの時間を要するのである。その途中で現れる不安が「妄想」であり、その妄想に反応しないで行動し続けることが重要なのだ。

「失敗するかも」「迷惑をかけるかも」といった不安な気持ちに対して、「これは妄想なんだ」と理解することで、物事はうまく進むのだ。何をするか分からなければ、不安な気持ちを抱く前に「何をすればいいのですか?」と聞けばいいだけである。そして「ありがとうございます」と感謝の気持ちを素直に伝え、迷惑をかけたなら「すみません」と謝ればいいのだ。そして、行動の積み重ねの先に、徐々に成果が現れ、見通しがつけられるようになってくるだろう。そのときの思いこそが「自信」なのであり、あがり症を克服するための確たる感情である。

「不安」は妄想なんです。考えるだけムダですので、スルーしてくださいね。

じゃあ、「明日、起きたらハゲてるかもしれない」っていう不安な気持ちも妄想なのか〜。あー良かった!

すでに大部分ハゲてるじゃねえか!それは妄想じゃなくて現実です。受け止めてください!

どんな状況でも「平常心」を保つコツ

相手の非難的な言葉の中にも、「なるほど、言われてみれば一理あるな」というように考えたことがあるだろうか。こういう風に考えることができたら、いかなる場面でも腹を立てることなく、平常心でいれるのだ。そして怒りの感情ほど、人の平常心を乱すものはないのだ。カッとなって言い返してみたものの、何の解決にならない場合が多いだろう。当サイトでは、腹が立ち、怒りたくなったときこそ「ありがとう」と言うことをおすすめする。相手の非難的な言葉にも、「そういう捉え方もあるんだな。いいこと教えてくれてありがとう」と感謝の気持ちを述べることで、心を乱すことなく、平常心で接することができるのだ。そして常に笑顔を心がけ、優しい言葉遣いで接することができれば、何があっても心安らかでいられるのである。

相手の腹立つ言動に、いちいち怒ってはダメですね。でも難しいなあ…。

例えば相手が非難的なセリフを言ったとき、それで相手の気持ちが治るのならと考え直すと、腹も立たなくなりますよね。どんな言動であり、すぐに感情的にならず、一度自分の中で処理をしてから「なるほど、言われてみれば一理あるな」と優しい物言いで伝えてあげてくださいね。

まとめ

どうだっただろうか?「動じない心」で前向きに生きるために必要な心構えは。大切なのは「動じない心」を作るために、自分自身のこれまでの考え方を捨てるということ。一般的な常識に捉われるのではなく、本当の自分の心というものを再度理解し、間違った常識を捨て去ることで、あがり症を治し、輝かしい未来を手にすることができるのである。

  • 「物事に動じない人」とは?
  • 自分の弱さを受け入れる
  • 人からの評価を気にしない
  • 「不安は妄想にすぎない」ことを知る
  • どんな状況でも「平常心」を保つコツ

この5つの心構えを実践すれば、あがり症は克服できるのだ。大切なのは本当の自分と向き合うこと。それができれば、必ず成果に繋がるはずだ。検討を祈る。

今回勉強したことをもっと詳しく、具体的にそして完璧に実践したい方は、下記リンクの書籍を購入してみてもいいかと思います。詳しくはお教えできませんが、メンタル面を重視した方法や、洗剤意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法まで、これまでになかったプログラムとなっています。真剣にあがり症で悩んでいる方は、チェックしてみてください。