INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

吃音に対する不安や恐れを軽くする方法!どもり改善はカミングアウトにあり!

吃音に対する不安や恐れを軽くする

積極的に社会に出れない、人とのコミュニケーションが取らないなど、吃音者が抱える悩みは深刻だ。少しでも吃音(どもり)に対する不安や恐れが軽くなれば、人との関わり合いもスムーズになり、円滑な社会生活を送れるようになる。今回、当サイトでは吃音に対する不安や恐れを軽減する方法を解説。さらに、カミングアウトすることの重要性をお伝えする。

今回の吃音改善特集は、吃音(どもり)に対する不安や恐れを軽くする方法です。

少しでも減らすことができるだけで、全然気分は違うだろうな。

本当に深刻な悩みを抱えて、毎日を過ごしているんです。僕も元吃音者なので、その気持ちが痛いほど分かります。

今回も当記事の最後に、実際モリチュウが吃音(どもり)を克服した方法を教えてくれるんですよね?

はい、そちらの方は最後にお伝えいたします。それでは、吃音(どもり)に対する不安や恐れを取り除く具体的な方法、どどーんといっちゃいましょう!

吃音とは?

吃音というのは、言語発達が盛んな幼少期に発症することがほとんどで、そのうちの74%は自然回復すると言われています。

かなりの確率で治るんだな。

そうなんですが、成人後も症状が続く人も多く存在するのも事実です。

だいたい100人に1人は吃音者がいると言われてますよね。

そうです。結構多いんですね。昔は「吃音は精神的なものが原因」と考えられてきましたが、現在では否定されているんです。なので、前提として吃音の原因が精神的なものではないことを、きちんと理解しておくべきだと思います。以下、吃音の代表的な症状です。

  • 連発性吃音…「ぼ、ぼ、ぼ、ぼく」のように、最初の音を繰り返してしまう。
  • 伸発性吃音…「ぼぉーーく」のように、最初の音を引き伸ばす。
  • 難発性吃音…「……ぼく」のように、最初の一音目がスムーズに出ない。

以上が代表的な吃音の症状です。まず「連発性吃音」ですが、これは言葉を出すタイミングが早すぎて、最初の音を繰り返してしまうんです。次に「伸発性吃音」ですが、言葉の最初の音から次の音に移るまでのタイミングが遅いため、最初の音を引き伸ばしてしまうんですね。そして「難発性吃音」ですが、言葉を言うタイミングが取れず、最初の一音目がスムーズに出ないといった症状なんです。この「難発性吃音」は、声が出ない苦しさから逃れようと「随伴症状」を伴う場合もあるんです。

確かに吃音の人は、上記のどれかに当てはまっているな。

「連発性吃音」の人は、「あ、この人どもっているな」ってすぐ分かるですけど、「難発性吃音」の人は分かりにくいですよね。そして吃音者の年齢が上がっていくほど、「難発性吃音」へと症状が変化していくそうなんです。

なるほど。今まで吃音に対する理解が浅かったですが、よく分かりました。この特集を進める上でも大いに役立つと思います。

吃音に対する周囲の誤った対応

次に吃音に対する周囲の誤った対応を見ていきましょう。

  • 「ゆっくり話してごらん」
  • 「深呼吸してリラックス!」
  • 「落ち着いて!」

あ、吃音者の対して、上記のようなアドバイスしているの聞いたことあるわ。

このような発言は、吃音者の話し方を否定しているわけであり、完全に間違った対応なんです。どもるというのは“癖”ではないので、このようなアドバイスをすることはむしろ逆効果ということを覚えておいてください。

指摘されすぎると、話をする意欲もなくなってくるんじゃないかな。

そうなんです。発話意欲や自己肯定感が低くなり、話す場面を“回避”するようになる人も多いんです。そして吃音者の約40%が社交不安障害(SAD)を発症するというデータもあるんです。最も深刻な場合は、「死にたい」と考えるほと追い詰められてしまうケースもあるんですよ。

たかが「どもり」と軽く考える非吃音者は多いだろうけど、当事者にとってはかなり深刻な問題なんだな。

非吃音者による誤った対応というのは、吃音の実態というのが、十分に認知されていないことも原因なんじゃないですか?

それが大きな原因となっているのは事実です。まずは家族や身近な人たちが、もっと吃音の実態を知り、否定しない正しい対応を考えていくことが、吃音者の苦痛を和らげることに繋がると思います。

日常の中で意識すること

吃音を恐れない

普段の生活の中で“あること”を意識すれば、吃音がかなり改善されると言われています。その“あること”を順に説明していきますね。

まずは最初に頭に入れて欲しいのが「吃音であることを恐れない」ということです。吃音であることを隠すことはもってのほかです。そんなことをすれば恐怖は大きくなり、吃音をさらに悪化させてしまうんです。職場などで自分が吃音であることをオープンにすることが大切なんです。

なかなか、さらけ出すの難しいけどね。

そうですよね。でもカミングアウトすることで、得ることのできるメリットを知ってください。考え方が変わると思います。それでは、下記をご覧ください。

  • どもりがあっても話そうと思う
  • 人と話すのを避けなくなる
  • 安心して話しができる

なるほど、自分の意識が変わり始めるんですね。カミングアウトすることで、どもり自体への注意が薄らいでいくということかな。

相手も理解してくれているんだという安心感は大きいんです。少しずつですが、どもりを気にせず話せるようになっていくかと思います。

吃音を隠すことはデメリットでしかないんだな。まずは吃音を恐れないことが大事ということか。

無理やり言葉を絞り出そうとしない

次に、意味のないジェスチャーをやめること。吃音の人は言葉を出すときに、無理に出そうとして意味のないジェスチャーをしがちです。これは余計に吃音を悪化させるので、やめるようにしてください。また、体のどこかに力が入ってしまうことが多いですが、できるだけ力を抜き、リラックスするように心掛けましょう

無理やり言葉を絞り出すのはダメだということですね。

はい、話し始めは決して怖がらず、ゆっくり優しく話すことを意識してみてはどうでしょうか。

話し方を変えてみる

吃音の人は早口になる傾向が見られます。ゆっくりと話すように心掛けて、それを習慣にしていってください。

どもっても言い直したりするのは良くないんでしたよね。

スムーズに出なかった言葉を何回も繰り返さず、なるべく戻って話さないように、前へ進む感じで話すことが大切です。また、難発性の吃音の人によく見られるんですが、苦手な言葉を避けて、別の単語に言い換えて話す習慣が付いています。言いにくい苦手な単語も、少しずつでいいのでゆっくりと言えるようになれればいいですね。

あとは、抑揚をつけてメロディのように話すことも大事って言ってたよな。

はい、そうです。吃音の人はどうしても単調な話し方になってしまいがちです。抑揚をつけて流れるようなリズムで話すことが大切なんです。

いきなり全てを実践するのは難しいかと思いますが、少しずつコツコツとトレーニングすれば必ず吃音は改善してくるかと思います。

吃音をカミングアウトしよう

先述しました「吃音をカミングアウトするメリット」をもう少し掘り下げます。

ってか、カミングアウトすること自体、かなりハードル高めだろ。

どうしたらカミングアウトしやすくなるのか教えてほしいですよね。

そこが一番の問題ですね。では、下記を見てください。

  • 身近な人に伝えてみる
  • もっと人と話したいと伝える
  • カミングアウトはプラスと考える

この3つが大切なんです。まずは自分の一番身近な人に伝えて見ましょう。伝え方は、「私は吃音なので、話すときにどもってしまい、言葉を繰り返してしまいます。

そして身近な人だけじゃなく、もっともっといろんな人と話したいことも、他の人にきちんと伝えましょう。「私は吃音なので、人と話すことをためらってしまうこともありますが、本当はもっといろんな人と話したいと思っています。

また、カミングアウトしてもすぐには理解してくれない人もいるかもしれません。しかしカミングアウトすることは、プラスの要素が圧倒的に多く、日常生活においてメリットをもたらしてくれるんです。やがては周囲の人もだんだんと吃音を受け入れてくれるはずです。

とても勇気のいることだけど、メリットは大きいな。

周囲の人に伝えることで、話すことに対する恐怖心が激減しますよね。

そうすることで、例え吃音が出たとしても楽に話せるようになり、コミュニケーションが円滑に取れるようになるのです。吃音をカミングアウトすることは、これだけのメリットがあることを覚えておいてください。

吃音に対する不安や恐れに立ち向かう

先ほどは、勇気を持ってカミングアウトすることのメリットを説明しましたが、吃音に対する不安や恐れに立ち向かうことも重要なんです。とは言っても、社会に積極的に出て行けない、強い不安や恐れを抱く吃音者の苦悩は、非吃音者からは測り知れないほど深刻なのです。

症状が重い人や軽い人、様々な人がいると思いますし、悩みの深さも人それぞれでしょうし。どの程度、吃音が軽減されれば積極的に社会に出れるのかも、人によって違いがありますよね。どもるからといって恐れている場に出なければ、ますます不安や恐怖は強まり、さらに出て行けなくなる人もいるかと思います。

この悪循環を断ち切る具体的な方法はないの?

それでは、不安や恐れを軽減する具体的な方法を説明します。まず自分が抱く不安や恐れをリストアップし明確にしてください。そしてそれに順位を付けて、易しい場面から慣れることを始めてください。

次に人の集まる場所へは、積極的に出掛けるようにしましょう。特に誰かと話す必要はありません。

また、体をリラックスさせるとっておきの方法を身に付けておいてください。呼吸法、ヨガ、禅など何でもよいです。

最後の方法はやはり「カミングアウト」です。不安や恐れのある場面で、どうしても話さなければいけなくなったとき、事前に「私、どもりますが…」とまずは自分の吃音を公表してください。それだけで気分はグッと楽になります。楽になった気分のまま明るい表情で、元気な声で話せば、きっとうまくいくはずです。

最後はやっぱりカミングアウトか。不安や恐怖を軽減するためにも大事なことなんだな。

吃音(どもり)を改善する究極の方法

世間では「吃音は完全には治らない」と言われているよな。表面上は吃音が消えても、体のどこかに吃音の種が残っているんだろ?

そうですね。吃音は治らないというのが正しい見解かもしれません。でも、吃音が劇的に改善されるのは、多くの研究が証明しているんです。そう考えれば、メンタルリハーサル法の改善率7割を信じてみるのが、一番良い方法かと思われます。そして当サイトでは「M.R.M」を推奨しています。

え、メンタルリハーサル法?M.R.M?何なんだよそれ?

続きは下記リンクより!誰も知らなかった吃音の真実を、目の当たりにしてみてください。