INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

緊張をほぐす!準備と仕掛けであがり症を治す方法!

緊張をほぐす方法

仕事のプレゼンや結婚式のスピーチなど、大勢の人前で喋るとき、緊張してしまうあがり症の人は多いだろう。そしてあがり症の人に限って、準備不足な場合が多いという。しかし緊張をほぐす方法や、あがり症を治す方法を知るためにも、何度も練習したり、徹底的にリハーサルすることは大切なことだ。今回の「あがり症克服」特集では、準備の重要さに言及。是非、参考にしてほしい。

どうも〜緊張が止まらない「モリチュウ」です。

どうも〜抜け毛が止まらない「サイゴーさん」です。二人合わせて「どうにもとまらない」です〜って言うてる場合ちゃうわ!

抜け毛はさておき、あがり症は克服したいですね。今回、当サイトでは「準備と仕掛け」をテーマに、緊張をほぐす方法をお贈りしていきます。それではどうぞ!

事前に会場を下見する

事前に会場を下見する

あがりやすい人の傾向として「準備不足」が挙げられる。簡単にできることではあるが、多くの人が準備をおろそかにしてしまうのだ。準備の中でも、特に重要なのが「会場の下見」である。結婚式会場、セミナー会場、パーティー会場、試合会場、試験会場など、少しくらい遠くても、なるべく足を運び、本番をシュミレートするべきなのである。会場では、「客席が遠いな」「会場は明るいな」など、様々なことに気が付くものなのだ。また、会場内に入れなかったとしても、会場までの交通手段を把握しておくだけでも、当日の安心感はぐっと増すのだ。

直前に会場を下見する…。そこまで重要って考えなかったですね。けっこうおろそかにしてました。

本番をイメージできることはもちろん、会場の様子や雰囲気を把握しておくだけでも、ずいぶんと緊張は和らぐものなんです。会場を下見しておくことは、あがり症の人には必須項目でお願いします。

スタート1時間前にリハーサルする

スタート1時間前にリハーサルする

リハーサルをすればするほど、あがりは抑えられるものである。特に本番直前のリハーサルは、不安要素を吹き飛ばすために効果的なのだ。そして、あがり症の人に多いのが、“脳内リハーサル”だけで済ませてしまうという人。実際に声を出してリハーサルすれば、本番の模擬演習にもなるし、気が紛れ緊張が和らぐといった効果もある。また鏡の前などで立って行うなど、本番により近い練習をすることで、緊張感にも慣れてくる。1時間前に、自分の納得行くまで練習し、緊張を和らげよう。

会場の下見もそうですが、本番に備えるということが大切ですね。

俺はジャイアン♪ガキ大将♪ってね!

それはリサイタル!!リハーサルでしょ、リハーサル。リハーサルは大切なんで、あがり症の人は是非、何回でも行ってください。

ホームで話をしている状況をつくろう

ホームで話をしている状況をつくろう

イベント開始前、できれば会場には一番乗りしよう。到着が遅れそうになると、精神的ダメージが大きい。できるだけ早く会場入りし、余裕をもって準備等に取り掛かろう。そして、時間があれば主催者や参加者と挨拶や名刺交換をして、知り合いになっておこう。そうすることで会場がホームにいる雰囲気となる。イベント開始後のイントロ部分では、なるべく聞き手に質問をしたり、対話する時間を設け、自分自身で会場をホームのような雰囲気にすることを心掛けよう

ホームのような話しやすい状況を、自分自身で作り出すってことですね。

さらに聞き手の中に「味方」を仕込んで、目の届きやすい席に座ってもらうだけでも、かなり緊張は和らぐんです。また味方にはうなずいてもらい、笑顔で聞いてもらうようにすれば、一気にホーム感が増すんですね。

味方か…。はっ、俺の場合は「育毛剤」か!

(無視)…。

持ち時間より少し多めのネタを用意しておこう

持ち時間より少し多めのネタを用意しておこう

持ち時間×1.5倍のネタを用意すれば、安心感がアップし、あがり症の度合いが軽減する。用意するネタは、「具体例や体験談」、「いつもの得意な話」などが最適だ。またはちょっと笑えるようなネタや、会場の近くや地元ネタなんかはウケがいい。それではワタナベにネタの例を披露してもらう。

言葉というのは非常に繊細でありまして、一文字間違えただけでも大きく印象が変わるものなんです。

先日、こんな出来事がありました。コンビニでお弁当を買ったときのことです。店員さんが「あたためますか?」というところを間違えて「あたためますな?」と言ってきたんです。まあ、一文字だけの間違いなのですが、一瞬こっちは焦りますよね。なんて答えるのが正解なんだろうと。かなり動揺はしましたが、「さようでござる。」という風に答えておきました。

またこんな出来事もありました。彼女からLINEがきたんですね。

今日のあなたの態度には、正直ゴッコリしたのよ!

ゴッコリ…。

言いたいことは伝わったんですが、思い出すたびに笑ってしまいます。ほんと、言葉というのは正確に伝えないとダメですよね。

ハハ!ちょっとした小ネタも場の雰囲気を作るのに、かなり良いですね。

カンペを用意しておこう

カンペを用意しておこう

事前練習は大切だが、台本を丸暗記するのはNGである。本番の緊張で頭が真っ白になったとき、言葉が一切出なくなったりするのだ。丸暗記する必要は全くなく、相手に必ず伝えたい要点だけをメモにまとめよう。カンペを持っているだけでも、少しは不安が和らぐのだ。台本を完璧に覚えようとする行為は、不安を増幅させるだけである。本当に伝えたい、話の要点だけをメモして、カンペとしてポケットに忍ばせよう。

完璧主義者はダメだな!モリチュウみたいな。

あがり症は、モリチュウみたいな真面目な人が多いんです。だから真面目に台本を丸暗記しようとするんです。

はい、勉強になりました!目的は台本を覚えることではなく、話を伝えることですもんね。

本当は教えたくない、超あがり症克服術

今回のあがり症克服の「準備と仕掛け」、知っておくだけですぐに実践できるものばかりでしたね。

本番前の準備というものは、緊張を和げる上でかなり大切だということがお分かりになったかと思います。

この方法でけっこうあがり症を克服できたと思うんですが、やっぱりまだまだ不安です。

あがり症というものは、根本から改善することは非常に難しいですから。しかし一つだけ夢の方法が存在するんです。

そんな方法あるんですか?教えてほしいな!

今回お伝えしたあがり症改善の「準備と仕掛け」は、緊張せずに本番に臨める有効な手段ですよね。これだけでも格段に緊張を和らげることができるのですが、もっと劇的に改善される方法を今からお教えします。しかも、5分〜60分程度で「あがり症」を根本から改善できるんです。

すごい!そんな方法あるんですね!

そうなんです!そして、このトレーニング法は書籍となっているのですが、一般の書店では販売していないんです。もちろんアマゾンなどでも買えません。というのも、まだ世に知られたくない情報、他では知り得る術のない情報なのです。

どこで買えるんだ?

上記サイトから購入できます。お教えできるのはここまでです。後はご自分の目で確かめて、あがり知らずの夢の生活を実感してみてはいかがでしょうか。あなたの本当の力を、存分に発揮してみてください。