INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

大人のどもり!最も効果のある吃音治療!メンタルリハーサル法を応用した究極の改善法とは?

メンタルリハーサル法を応用した吃音改善法

いまだに根本的な原因が不明な吃音(どもり)。全ての吃音者に対して有効な方法は存在しないとされる。しかし、吃音者によってはある一定の効果が得られる治療法も存在するのだ。今回、当サイトでは一般的に吃音治療に用いられる方法を解説。効果を検証する。そして最後に、当サイトでしかお教えしないメンタルリハーサル法を応用した究極の吃音治療法をお教えする。

どうもー、元吃音者のモリチュウです!今回は、あらゆる吃音(どもり)の治療法を見ていきたいと思います。

おお、話し方も流暢で、自信に満ち溢れてますな〜。

その自信の秘密も最後にお教えしますよ。

それは楽しみですね。吃音者の悩みは吃音者にしか分からないと言いますが、当サイトでこの特集を組めるのも、モリチュウがいるからですね。

褒められてるのかどうか分かりませんが、早速進めていきましょう。まずは吃音者が抱える共通の悩みを見ていきます。

吃音者の悩み

  • 言葉の始めがつまって言えない。
  • 電話に出るのが怖い。
  • 自己紹介ができない。
  • 会社名が言えない。
  • 「ありがとう」の「あ」が言えない。
  • 「おはよう」の「お」が言えない。
  • 思っている通りに話せない。
  • 「話し方が変だなー」って人に思われているかも…。

このような経験をしたことはないだろうか?上記は吃音者が共通して抱える悩みであり、日常生活でのコミュニケーションが円滑に取れなくなってしまう人もいる。吃音による発話に対する不安や恐怖というのは、非吃音者が思う以上に深刻なのだ。

私、以前は出版社で働いてましたから、悩みは尽きませんでした。会社に掛かってくる電話に出た時に、社名が出てこないんですよ。新入社員の時は、電話に出ないわけにはいきませんから。自分の思っていることを人に伝えられないというのは、社会人として致命的でした。

相当ひどかったんだな。今では全く、吃音(どもり)だったことを感じさせないもんな。

それは、ある改善法との出会いがきっかけでした。吃音の全ての悩みとサヨナラしてくれる、誰も教えてくれない本当に正しい吃音の知識なんです。

これまでの吃音の常識とは全く違う、ということですか?

そうなんです。最新の脳科学に基づいた全く新しい改善法でしたね。もうとっくに諦めていたんですが、面白いように改善されて、自信が付きました。

すごいなぁ、それは。

当記事の最後にその改善法を紹介しますが、まずは一般的な吃音治療のアプローチ法を見ていきましょう。

吃音(どもり)治療を知ろう!

まず吃音治療には大きく分けて2つのアプローチがあります。それは「直接法」と「間接法」です。

  • 直接法…発話症状を直接改善させる
  • 間接法…考え方や環境を工夫し正常な発話を目指す

まず「直接法」ですが、これは話し方をコントロールすることで、流暢な発話を目指すためのトレーニングです。続いて「間接法」ですが、これは吃音の悩みの原因を包括的に調整し、改善を目指すものです。

直接法は、吃音と直接向き合い、乗り越えていくというもので、間接法は、「気にしない環境を整えること」や「別のことに意識を向けて吃音を意識しない」というようなアプローチですね。

2つの方法は分かったけど、具体的にはどんなものなんだ?

それでは直接法から見ていきましょう。

直接法の種類

  • 流暢性形成訓練…意識して流暢な話し方を目指す方法
  • 吃音緩和法…滑らかに楽にどもる話し方を目指す方法
  • 統合的アプローチ…上記2つの良い所を合わせた練習法

「流暢性形成訓練」は流暢に話すためのスキルを身に付けていくのに対し、「吃音緩和法」は、流暢な話し方を無理に目指すのではなく、症状から逃げることなどを少なくしていく改善法なんです。続いて間接法です。

間接法の種類

  • 系統的脱感作法…吃音であることに対する不安などを軽減させる方法
  • 自律訓練法…吃音による体のこわばりやストレスなどを軽くしていく方法
  • メンタルリハーサル法…頭の中で自然に話している自分をイメージして、症状の改善を目指していく方法

こういったアプローチがあるんですね。

特に最後に出てきた「メンタルリハーサル法」ですが、「自分が成功している状況を事前に強く想像し、その成功を脳に覚えこませることで治療に役立てる」という方法なんです。この「MR法」は、私がどもりを克服した改善法に取り入れられている方法なんです。その話はまた後ほど…。

流暢性促進訓練の具体的な方法をご紹介

吃音治療というものがだいたい理解できたかと思いますが、直接法の一つである流暢性促進訓練の具体的な方法をご紹介します。

流暢な話し方というのは、「吃音症状が現れにくい話し方」と捉えていいんですね?

そうです。流暢に話すスキルを身につけるための直接的な方法です。

  • 話し始める前や、会話の区切りが良い場所で軽く息を吸う
  • 意図的にゆっくりと話す練習
  • 話し始めの音を優しく、柔らかくすることを心がけて話す練習
  • 話す長さを短くする、1呼吸で話す音の数を少なくする練習
  • 1呼吸で言える短いフレーズを区切らずに言う練習
  • 母音を伸ばしながら話す練習
  • 発音が力まないように優しく話す練習

意識的に練習すれば効果ありそうだな。

このような流れで練習するのが一般的なんです。最初は1つの音、次に単語、短文、そして長文、最後は日常会話と少しずつ難易度を上げて練習していくというわけです。

継続して練習していくことが大切なんでしょうね。すべての吃音者に対して、共通して有効な方法は存在しない吃音治療。多くの治療法が存在する中、自分に合った治療法を見つけるのも大変ですね。

本当に大変なことです。しかしそれは、ある吃音改善法を知らなければの話ですが…。

おい、もったいぶるなよ!

実は、吃音(どもり)を完全に克服する夢のような方法があるんです。私もこれにより吃音を克服したと先述しました。それは、「Mind Reframe Method(マインド・リフレーム・メソッド)」通称「M.R.M」です。この「M.R.M」とは何なのか、非常に気になるところですが、まずはこの「M.R.M」を実践し、吃音を改善した人たちの生の声をお聞きください。

「M.R.M」で吃音を改善した方々の生の声

  • もっと早く出会いたかった

    私は今年で56になりますが、50年以上のどもり人生を苦しみと絶望と共に歩んできました。どれも本当に死にたくなる様な思い出ばかりです。

    私は重度の吃音者です。酷い時期は歌でもどもっていました。歌ではどもらないというのが吃音の常識なので、はじめて歌でどもったときは大変なショックを受けました。「歌でもどもる」を意識しはじめてからは、歌う事すらできず、もちろん日常会話もままならず、失語状態がしばらく続きました。目の前には、ただ絶望しかありませんでした。

    何度も「死」という言葉が頭をよぎりました。流石に自殺する勇気はありませんでしたが、雷が鳴れば自分に落ちてこないかと期待したり、悪性の病に侵されないかとか、隕石が落ちてこないかとか、馬鹿で幼稚な思考がぐるぐる回り、情けない日々を送ったものです。

    自分なりにどもりを改善しようと、それなりに努力はしてきました。それでいくらかはましになったところはあると思いますが、しかし、自分ではどうにもならないことだらけです。自分の無力さに痛飲の日々でした。

    しかしこのプログラムと出会い、人生が激変したのです。

    今のこの感覚をなんと表現すればいいのでしょうか。頭を撃ち抜かれたというか、全身に衝撃が走ったというか、それでいて心は平静を保っており、何かこう晴れやかな気分が毎日続いています。そして不思議とどもりに対する恐怖が消えている事に気付きました。次第に、どもってもいいや、どもらなくてもいいやとすら思うようになり、そう思い始めると、これまた不思議とどもらずに言葉がスラスラと出てきます。

    全くどもらずにしゃべれるようになることを改善したと言うのなら、私はまだ改善してはいないのでしょう。しかし、そんなことはもはやどうでもいいと思える程に、私の心は穏やかで優しい気持ちに満ちています。

    実は、6週間プログラムをもう一度はじめから実践し直しています。吃音がどうこういう理由ではなく、これからの人生をより穏やかで充実した、満足あるものにするために新たな気持ちで取り組んでいます。

    このプログラムに、あと30年、いやせめて20年早く出会っていたかったと、今はそう思わずにはいられません。

  • やっとフリーターから卒業できそうです

    半信半疑でやり始めましたが、確かな感触を実感しています。

    完全にどもらなくなったかというと、そんなことはありませんが、大事なのはどもりに対する恐怖心がなくなることで、恐怖さえなくなれば後は時間の問題だとの教えには全面的に納得していますので焦りは全くありません。

    私自身、今年で30歳になるというのに、吃音がネックになってこれまで定職に就く事さえもできずにいました。親や他人の目が気になって仕方がありませんでしたが、どうしても一歩を踏み出す事ができなかったのです。

    3年前、当時付き合っていた彼女に「定職に就く気がないなら別れる」と言われ、一度だけ正社員の募集に応募しましたが、面接日になって急に怖じ気づき、結局連絡もできずにぶっちぎったことがあります。結局彼女からも愛想をつかされ、それ依頼、特に恐怖心が強くなってしまいました。

    アルバイトも、交通整理など現場での作業しかしたことがなかったのですが、本当はビジネスマンに憧れていて、ガンガン仕事して友達や会社や社会的にも認められたいというのが本音でした。

    ですが、今回のプログラムは、吃音が治るのは「ついで」のようなもので、人間力や成功力を手に入れるものだということが身を持ってわかりました。

    これまでにない、揺るぎない自信を手に入れた自分がいます。

    すでに諦めていた夢でしたが、来週、営業関係の会社に面接に行くことに決めました。今度は逃げる必要はなさそうです。やっと、フリーターから卒業できそうです。

    本当はもっと沢山書きたい事があるのですが、今はまだ上手く文章にできそうにありませんので、また気持ちが整理出来ましたらメールさせてください。

    あと、面接の結果がわかりましたら、またご報告させていただきます。

    本当に感謝しています。ありがとうございました。

これらの声を見ていると、どもりに伴うあらゆる不安や混乱を消し去ってくれて、吃音に対する恐怖心を全て消し去ってくれるという感じがするなあ。

いや、本当にすごいんです。すごいとしか言いようがない…。最新の脳科学に基づいた強力な手法で、潜在意識を自在にコントロールし、吃音(どもり)を脳から忘れさせてくれるんです。ここでは詳しく言えませんが…。

吃音(どもり)を改善する究極の方法

世間では「吃音は完全には治らない」と言われているよな。表面上は吃音が消えても、体のどこかに吃音の種が残っているんだろ?

そうですね。吃音は治らないというのが正しい見解かもしれません。でも、吃音が劇的に改善されるのは、多くの研究が証明しているんです。そう考えれば、メンタルリハーサル法の改善率7割を信じてみるのが、一番良い方法かと思われます。そして当サイトでは「M.R.M」を推奨しています。

え、メンタルリハーサル法?M.R.M?何なんだよそれ?

続きは下記リンクより!誰も知らなかった吃音の真実を、目の当たりにしてみてください。