INSERT COIN
グッドモノ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
家電

Google Home(グーグル ホーム)価格は?スマートスピーカー徹底比較!

スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)

Google Home(グーグル ホーム)」と「Google Home Mini(グーグル ホーム ミニ)」は、AIを用いた音声アシスタントアプリ「Googleアシスタント」を搭載するスマートスピーカーだ。最大6人の声を聞き分けることができ、音楽や映像を楽しめる。現在スマートスピーカーは、様々なメーカーから発売されているが、まだまだ分からないことだらけ。当サイトでは、そんな“スマスピ”を徹底比較する。

どんな機能があるの?

最新の天気、交通、経済、ニュース、スポーツ、お店やサービスなどの情報を、声だけで調べることができる。また翻訳、計算、栄養に関する情報を調べたり、単位の換算などを手を使わずに知ることも可能だ。それ以外の気になる情報もGoogle検索で調べることができる。

そして簡単な音声操作で、「Google Play Music」や「Spotify」などのサービスから音楽を再生したり、自分のプレイリストを再生したりできる。さらにニュースを聞いたり、ラジオも楽しめる。また100種類を超える Chromecast対応アプリを Androidスマートフォンまたは iPhoneから「Google Home」に直接ストリーミングすることで、その他の対応オーディオサービスも利用できる。

さらに日々のタスクを管理し、あなたに合わせて提供してくれる。そして、スマートホーム製品から、照明やスイッチを操作することも可能である。

どんな部屋にもマッチするシンプルで洗練されたデザインも嬉しい。そして「Google Home」は、高出力偏位スピーカーにより高品質のハイファイサウンドを提供してくれる。また、高性能マイクで音声をしっかり聞き取ってくれるのだ。

スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)

Google で調べ物をする。

スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)

声だけで音楽の再生やストリーミングなどの操作が可能。

スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)

あなたの1日を管理する。

スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)

あなたの声。あなただけの情報。

スマートスピーカーGoogle Home(グーグル ホーム)

簡単な音声コマンドでスマートホームを管理。

画像出典:books.rakuten.co.jp

グーグル ホーム気になるお値段は!?

クリックで商品ページへ

Google Home

実売価格=1万5120円

「OK Google」と話しかけると、Googleで調べ物ができたり、音楽を再生したりするのはもちろん、毎日の予定の管理やスマートホームの操作も簡単にできる。

クリックで商品ページへ

Google Home Mini

実売価格=6480円

小型ボディの廉価モデルである「Google Home Mini」は、スピーカー出力は小さいものの、その他の機能は同等だ。色は「チョーク」「チャコール」「コーラル」の3種類。

編集部の評価

時代は「OK Google」ですね。天下のGoogleだけに、新しい時代を作ってくれました。本当にワクワクします。まず想像以上に音声認識制度が高いんです。これは皆さんの予想をはるかに上回ると思いますよ。そしてタッチによる操作性も高く、使い勝手は非常に良いです。

本当にこれからが楽しみな家電です。家電マニアのワタナベさんの評価も高いですし。強いていうなら、今現在では対応しているスマート家電があまりないということですね。それでは辛口ハゲさん、コメントをどうぞ!

「とくダネ!」の小倉さんじゃねえわ!あそこまで暴走しないし、ズラじゃねえし! ってか値段も想像以上にリーズナブルでいいね!俺は買うなら「Google Home Mini」だな。ってかこんだけ便利なのに普通に安いだろ!6千円台だぞ!

こんな声も…

面白いです。

セットアップは10分程で完了しました。今一つ日本語が不自由ですが、ニュース・天気・タイマー・音楽は普通に聞けます。音質は決して良いとは言えないですが「これはこういうものである」と割り切ればよろしいのかと。キッチンやトイレにおいておくのが用途としてはいいものかもしれません。

将来性に期待

発売日に早速購入しました。一言でいえば、スマホのgoogleで出来ることをスピーカーにしたということですね。違うのは家電のコントロールですが、今のところ対応している家電がほとんどないので、将来に期待しましょう。使ってみて便利なのは、明日7時に起こしてとか、あと15分寝かせて、なんて言葉で指示できることですね。寝ぼけて知らずに目覚ましを止めたりすることは無くなります。あとは、静かな曲をかけて、なんて雰囲気で音楽を選んでもらえることかな~。ピッタリの曲を選んでくれないこともありますけどね。値段もリーズナブルなので、未来の気分をちょっとだけ先取りしたい方にはお勧めです。 

Google Homeに数え上げ機能があるが、「1から一千万まで数えて」と依頼したら衝撃の終わり方だったので、持ってる人は是非試してみてほしい。

この頃 google home 等スマートスピーカが流行っているみたいだけど、リビングじゃなくて車に欲しい。道を聞くのはもちろん一人で運転している時ふと気になったことを検索させたり渋滞で遅れるとかline打たせたり便利そう。

おはようございます^ ^ 新しい一日の始まりです グーグルホームが便利です 最近、ハマってます 今日も楽しく過ごします。

Google Home。食べログと話す、とか未来感ありますね。 検索エンジンの利用は確実に減るので、ブログやサイトのアクセスは減るだろうな。

毎日が便利に、そして楽しくなること間違いなしのGoogle Homeで、ワクワクするような日常を手に入れませんか?

その他のスマートスピーカーもチェック!

クリックで商品ページへ

Amazon Echo

音声認識AI「Alexa」を搭載。話せば話すほど語彙が増えて、話し方や好みをどんどん学習する。パワフルな360°全方向スピーカーで、クリアなボーカル、ダイナミックな低音を再現。上質なオーディオを楽しめる。また、PhillipsやQrio等からの照明、スイッチ、ロックなどのスマートホームのデバイスをコントロール可能だ。さらに機能のカスタマイズや、Uberの利用もできる。

クリックで商品ページへ

Amazon Echo Dot

「Amazon Echo」の廉価版。

Apple HomePod

出典:www.apple.com

Apple HomePod

空間認識を使って自らの室内での位置を感知し、それに合わせて自動的に音を調節。4,000万曲以上を揃えるApple Musicと連動し、IOS「ホーム」アプリと連動する。

クリックで商品ページへ

Line Clova WAVE

AIアシスタント「Clova」を搭載。音楽再生、家電の操作、LINEへのメッセージ送信、天気予報や運勢などの案内など、毎日の生活に役立つ機能を提供してくれる。またLINEミュージックの利用も可能だ。

最新スマートスピーカーどれを選ぶ?

Google Home」以外にも、「Amazon Echo」や「Apple HomePod」、「LINE WAVE」など、様々なメーカーから「スマートスピーカー」が発売され、「一体どれを選ぶのが正解なのか…」と悩んでいる人は少なくないだろう。さらには、「Amazon Echo Dot」や「Google Home Mini」など廉価版の存在もあり、選択は非常に困難である。そこで当サイトでは、様々な観点から最新のスマートスピーカー比較する。

価格で選ぶ

価格の面で見るなら、やはり廉価モデルのAmazonの「Echo Dot」とGoogleの「Google Home Mini」。どちらも6000円ほどで購入できる。基本的な機能は、上級モデルと変わらないのでオススメだ。

音質で選ぶ

音質で選ぶなら、「Google Home」の上位モデルである「Google Home Max」。4.5インチデュアル+0.7インチツイーターが搭載されている。「Apple HomePod」には4インチウーファーと小型ツイーター7つが搭載されていて、こちらもオススメだ。

カラーで選ぶ

インテリアとして選ぶなら、カラーバリエーションが豊富な方が良い。そういう観点から「Amazon Echo」が圧倒的だろう。

音楽サービスで選ぶ

曲数の多さで見れば、「Google Play Music」、「Apple Music」が4,000万曲と多い。料金で見れば、各社月額1,000円程度になるが、AmazonのみPrime会員であれば無料で音楽サービスが使える。

スペックを比較する

Google Home

スケジュールなどGoogleの機能と連動できる。またChromecastを使って映像を鑑賞できる。

Amazon Echo

機能のカスタマイズが可能。またECサイトやフード店のデリバリーサービス利用もできる。

Apple HomePod

部屋にどこに置かれているかを認識。Apple Musicと連動する。

Line Clova WAVE

赤外線でリモコンを操作できる。LINE MUSICが利用可能で、LINEの新着メッセージを通知、読み上げの機能も備えている。

今後も、AmazonのAI音声アシスタント「Alexa」を搭載するデバイスや、「Google Assistant」を搭載するデバイスが各社から発売されていく予定なんです。さらに選択肢が増えて迷いに迷いますね。そんな時には、当サイトの「決断くじ」をお試しあれ!今回は、廉価版も含めた6つの中から引いてください!それでは良いスマスピライフを!

決断くじ
どのスマスピが出るかは神のみぞ知る♪

ネット上で様々な意見が…

スマートスピーカーについて、様々な意見がネット上で飛び交っております。ご参考までに…。

  • AIスピーカー、もしくは、スマートスピーカーはもっと普及しそうだ。音楽定額サービスは勿論、企業やお店なんかの受付につかわれそう。
  • Amazonとかのスマートスピーカー買うんだったらSONYのスマートスピーカー欲しいなーー
  • スマートスピーカーで照明つけたり消したりする環境構築するのに興味あるけど、うちの照明リモコン式じゃないんだよね
  • 壁が薄いのでスマートスピーカーは買えません
  • Amazonって自分達で日本語への翻訳能力あんのかな?スマートスピーカーのシステム自体はAmazonがつくるけど、結局日本語のデータが豊富なGoogleとかラインに頼らざるを得なくなるパターンか。
  • ADHDのタスク管理が上手くできずストレスになるのをスマートスピーカーが解決すると信じている。というかそういう会社作りたい。
  • 来年売れるのはアイボじゃなくてスマートスピーカーでしょ 高すぎるし
  • 声出すことの難易度が高いためスマートスピーカーは微妙なんだよな
  • 会社の人にAmazon Echoでスマートスピーカー3台目って言ったらドン引きされた