INSERT COIN
グッドスタイル
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
腕時計

いくつ知ってる?激レアG-SHOCKコラボモデル一覧!その1

Gショックコラボモデル

1983年の誕生から常に進化を遂げてきたG-SHOCK。そんなG-SHOCKには様々なモデルが存在する。中でひときわ人気なのが「コラボモデル」だ。G-SHOCKコラボモデルとは、スポーツ・ファッションブランド・アニメ・歌手・環境団体などジャンルを問わず幅広い分野とコラボレーションしたモデルである。コラボモデルは数量限定で販売されることが多く、どれもが超レアなものばかり。とにかく毎回商品が発表されるたびに注目の的となっているのだ。今回はそんな「コラボモデル」を3回に渡り一覧形式で特集。ジャンルを問わずコラボするG-SHOCKの人気モデルを見逃すな!

さあ、面白い企画が始まりましたね!モリチュウなんて大興奮じゃないの?

そうなんですよね!アニメ好きとしては見逃せません!エヴァンゲリヲン、それにガンダムが登場するんですよね!ワクワクします!

音楽好きのサイゴーさんも、ミュージシャンとのコラボなんかビンゴでしょ?

サイゴー×ビジーフォー、奇跡のコラボ!ウインターモデル登場!

かつてなかったスケルトンGショック!地肌が見えても気にならないっておい、誰がモト冬樹モデルやねん!!大先輩に失礼やないかい。まあ、奥田民生コラボなんて眉唾モノですなあ。

はい、そんな大興奮の激レアモデルを1996年〜2010年まで、一挙に大公開しちゃいます。それではどうぞ!

1996年〜2010年のG-SHOCKレアコラボモデルを一挙公開!

1996年

DW-6600B-1

コラボ 奥田民生

元「ユニコーン」のボーカルの奥田民生氏との1stコラボ。奥田民生氏はG-SHOCK好きでも有名で、コラボ商品をいくつも出している。その1stコラボの同モデルは、DW-6600をベースとしたもの。ベルトにtamio okudaのサインがデザインされており、ELバックライトには、奥田民生氏のOTマークが浮かび上がる。1996年「イージューライダー」ツアー会場のみで予約販売された800本限定のモデルだ。

1997年

コラボ ステューシー

出典:www.boo-bee.jp

DW-6900SS-1EV

コラボ ステューシー 第1弾

STUSSY×CASIOとの伝説的1stモデルDW-6900をベースに、全体をブラックでまとめたシックなデザインとなっている。STUSSYロゴ入りの黒ベルトに銀色のフェイス、裏蓋にSTUSSYストックロゴと“LIMITED EDITION”刻印入り。バックライトでSSリンクが浮かび上る。

1999年

コラボ エリックヘイズ

出典:g-shock.jp

DW-6900M-8T

コラボ エリックヘイズ

グラフィックアーティストのEric Hazeモデルで、文字板の12時位置と下バンドにEric Hazeのロゴが印刷されている。ストリートファッションにおいてアクセサリーなどで必ず用いられるシルバーをテーマに、ケース、ベゼルからバンドに至るすべてを、Gの強さを表現した「シルバーメタリック」で統一。文字板の「SHOCK RESIST」の文字はワンポイントで独特のオレンジ色を配している。また、バック刻印にはスターマークをあしらったオリジナルの「G」マークを刻印、ストリートカルチャーを表現した。

GS-100EC-1T

コラボ エリッククラプトン

GIEZシリーズのクラプトン・シグネチャーモデル。黒いベゼルに黒くコーティングされたチタンリング、その上のゴールドの文字が渋さを演出している。さらに文字盤の下側にはクラプトンの頭文字のEC。ELにはストラトキャスターが浮かび上がる。クラプトンのサインが刻印されているファンにはたまらない限定モデルだ。

2003年

コラボ 阪神タイガース

出典:www.awaumi.online

DW-6900BHTG-9JF

コラボ 阪神タイガース

2003年の開幕前に、阪神初のコラボG-SHOCKとして2000本限定で発表されたモデル。通称「三つ目」の愛称で親しまれるDW-6900をベースに、ブラックとイエローという阪神らしいカラーとなっている。バックライトには球団のロゴが採用。

DW-6900BHTGV-9JF

コラボ 阪神タイガース

2003年に阪神タイガースがリーグ優勝した際に阪神百貨店で限定リリースされたG-SHOCK。ELバックライトは「V2003」の文字が表記されている。1000本限定。

2004年

コラボ エヴァンゲリヲン

出典:auctions.yahoo.co.jp

GW-300FJREI-7JR

コラボ エヴァンゲリヲン

2004年に1000個限定で発売された「綾波レイ」モデル。プラグスーツをイメージしたホワイトのベゼルやバンドが美しいデザインに仕上がっている。バックライトにはNERVロゴ、バックパネルにはレイのレイザー彫刻、シリアルナンバーまでが刻まれている初期モデルだけのディテールが満載だ。

2005年

DW-5600VTTORA-1TJR

コラボ 阪神タイガース

2005年に阪神タイガースがリーグ優勝した際に阪神百貨店で限定リリースされたG-SHOCK。縦縞のデザインが阪神らしいシンプルな仕上りになっている。ELバックライトは「HANSHIN Tigers」の文字が映し出される。

コラボ JAXA

出典:g-shock.jp

DW-5600VTJAXA-1TJR

コラボ JAXA

耐衝撃性の高さで、厳しい環境で活動する宇宙飛行士にも愛用されているG-SHOCKの「第56回国際宇宙会議福岡大会記念 JAXAコラボレートモデル」。 DW-5600をベースに、バンドに国際宇宙会議と、国内唯一の宇宙開発機関であるJAXA(独立行政法人「宇宙航空研究開発機構」)のロゴを印刷。また、JAXAロゴはELバックライトと裏蓋にも入っている。

DW-6900STS-9JR

コラボ ステューシー 第2弾

ステューシー25周年に発売した、G-SHOCK×STUSSY第2弾モデル。ファーストモデルと同じく6900系をベースに、ゴージャスなゴールドロゴプリントをあしらっている。ベルトには「STUSSY 25TH ANNIVERSARY」、裏蓋には「LIMITED EDITION」の刻印入りと、まさに25周年に相応しい豪華な仕上がりとなっている。

2006年

DW-6900FS

コラボ ウルトラマン シリーズ誕生40周年

G-SHOCKの人気モデル「DW-6900」をベースに、ウルトラマンのボディカラーからインスパイアしたグレーと赤を基調としている。本体の裏面に誕生40周年記念モデルの証としてスペシャルロゴが刻印。専用のBOXにはウルトラマンのボディデザインをイメージしたグラフィックに加え、科学特捜隊のマークまでプリントされたマニアックなデザインとなっている。ELバックライトにはウルトラマンが変身した瞬間のシルエットが浮かび上る。

DW-6900FS

コラボ ウルトラマンセブン シリーズ誕生40周年

G-SHOCK×ウルトラマンと同様「DW-6900」がベースとなっている。イメージカラーのレッドを基調に、バンドにはボディをイメージしたデザインとロゴをプリント。本体の裏面に生誕40周年の記念刻印と、ELバックライトはウルトラアイが浮かび上がる。

2007年

Doratch DW-6900

コラボ ドラッチ

ドラえもん」と G-SHOCKの初のコラボ「Doratch×G-SHOCK」。三つ目モデルのG-SHOCK「DW-6900」をベースに、ドラえもんカラーの白・青・赤が施された特別モデル。液晶のバックライトを点灯させるとドラえもんの顔が浮かび上がり、裏蓋にはコラボレーション・ロゴを刻印、バンドにはG-SHOCK25周年記念ロゴが入っている。ドラえもんの誕生年(2112年)にちなみ、2112本の限定販売となっていた。

2008年

DW-6900CARP-9JF

コラボ 広島カープ

広島カープコラボの第1弾モデル。全体がカープを彷彿する赤系のカラーリングになっており、ベルトに「Carp」と限定版の文字が入っている。またライトを点けるとカープの「C」が浮かび上がったり、裏にはカープ坊やが刻印されていたりと、ファンにとってたまらないアイテムだ。

コラボ エリックヘイズ

出典:g-shock.jp

DW-5600EH-7JR

コラボ エリックヘイズ

HIPHOP界をはじめ、様々な分野で活躍するアーティスト「エリック・ヘイズ」とG-SHOCKのコラボレートモデル第3弾。ベースにはストリートで人気のDW-5600をセレクト。G-SHOCKをキャンバスに見立て、ELバックライトや、バンドにHAZEロゴを配置。文字板のラインデザインなど、ヘイズ氏が、シンプルかつPOPにデザインした。

DW-5000ST-1JR

コラボ ステューシー 第3弾

G-SHOCK25周年を記念し昨年リリースされた超限定コラボSTUSSY×G-SHOCK第3弾。スクリューバックを採用した「初代DW-5000」をベースにした超限定モデルだ。SS-Link入りのバックライト、Stussyストックロゴ&グラフィック入りのフェイス、裏蓋の刻印、専用ジェラルミンBOX付きの豪華仕様となっている。

mastermind JAPAN ラブ&ピース5600&6900ペアモデル

コラボ マスターマインド

1997年に本間正章氏と藤田昌洋氏が設立したブランド「mastermind JAPAN」とG-SHOCKのコラボ。マスターマインドは当時のテーマのLOVE&PEACEを、G-SHOCK5600とG-SHOCK6900のペアで表現。ブラックボディにアイコンのスカルモチーフ、そしてレッドのバックライトに浮かび上がるブルーのスカルが印象的なG-SHOCKだ。

コラボ エヴァンゲリヲン 綾波モデル

出典:auctions.yahoo.co.jp

DW-5600VT

コラボ エヴァンゲリヲン 綾波モデル

DVD「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」の発売を記念し販売されたDW-5600VT 綾波モデル。無垢なイメージの白い綾波モデルは、2004年発売の「綾波G-SHOCK」をさらに進化させ、裏面だけでなく本体バンドや液晶画面までコラボした特製モデルとなっている。

コラボ エヴァンゲリヲン NERVモデル

出典:www.ebay.com

DW-5600VT

コラボ エヴァンゲリヲン NERVモデル

2004年発売の「綾波G-SHOCK」をさらに進化させた黒いNERVモデル。こちらも上記の綾波モデルと同様に、DVD「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 」の発売を記念し販売された。

2009年

DW-6900BHAWKS-3JR

コラボ 南海ホークス

G-SHOCKと、創設70周年を迎えたプロ野球球団「南海ホークス」がメモリアルアイテムとしてコラボしたモデル。南海ホークスは1970年代、日本で初めて鮮やかなカラーリングによるプルオーバー・ベルトレスタイプのユニホームを採用するなど、ひときわ異彩を放っていた。今回のモデルは1970年代当時のデザインを踏襲し、クラシカルなDW-6900をベースとして、カクテル光線を浴びたグリーンを中心にイエロー・レッドといったラスタカラーを配色した。

コラボ 広島カープ 球場限定

出典:auctions.yahoo.co.jp

DW-5600CARP-7JR

コラボ 広島カープ 球場限定

ホワイト桜モデル。ネットや店頭での発売は一切なく、新球場「MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム広島」設立記念に限定で球場でのみ発売された。ライト点灯時には「Carp」の文字がバックに浮かび上がる。

DW-5600CARP-1JR

コラボ 広島カープ

広島東洋カープ2009年LIMITED EDITIONスピードモデル。 ブラックをベースに文字盤にはカープカラーであるレッドをあしらい、スタイリッシュに仕上がっている。

DW-6900FS

コラボ 仮面ライダー 石ノ森章太郎生誕70周年記念

仮面ライダーの生みの親「石ノ森章太郎」生誕70周年を記念して1000本限定でリリースされたDW-6900型G-SHOCK。ベルト全体に仮面ライダーがデザインされており、ELバックライト点灯時には「TACHIBANA RACING CLUB」ロゴが浮かび上がる。ベルトの穴に着脱可能の変身ベルト型シルバーパーツが2種類付属。ブラックとグリーンのカラーリングに赤の仮面ライダーの文字が映えわたる。

DW-6900FS

コラボ エヴァンゲリヲン アスカモデル

2009年に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公開記念として、販売されたG-SHOCK DW-6900アスカモデル。アスカのイメージに合わせ、レッドベースのボディにオレンジをポイントとして使用。液晶部点灯時には、エマージェンシー・インジケーターとシンクロ率グラフが点灯する。

コラボ エヴァンゲリヲン 初号機モデル

出典:auctions.yahoo.co.jp

DW-5600VT

コラボ エヴァンゲリヲン 初号機モデル

G-SHOCKとエヴァンゲリオン初号機とのコラボレーションモデル。初号機をイメージさせるモデルには、ブラックベースのボディに差し色としてパープルがあしらわれている。裏蓋にも初号機のフェイスが刻印。バックライトにはNERVのマークが浮かび上がる。

2010年

コラボ 広島カープ

出典:auctions.yahoo.co.jp

G-100CARP-1BMJR

コラボ 広島カープ

広島カープ球団60周年記念として登場したG-SHOCKとのコラボモデル。青と赤で塗られた文字盤は広島カープのユニフォームの色を表現。裏蓋にはマスコットキャラクターのカープ坊やのイラストが刻印されている。カープコラボでは初のアナログモデル。

コラボ DEE AND RICKY

出典:g-shock.jp

GA-110DR-1AJR

コラボ DEE AND RICKY

ニューヨークで話題のアクセサリーブランド「DEE AND RICKY(ディー・アンド・リッキー)」とのコラボレーションモデル。レゴブロックを使ったブローチなどポップで独創的なアクセサリーを生み出す彼らが、同じくニューヨークのカルチャーシーンを賑わすG-SHOCKをリスペクト。日米のストリートカルチャーが融合したオリジナルモデルが実現した。ベースモデルに、様々なパーツが複雑に組み合わさったフェイスデザインを持つGA-110を採用。ベゼルや文字板にはビビットな色をカラーリングしている。

DW-6900FS

コラボ glamb haslux

ストリートファッションで人気のDW-6900をベースに、ショッキングピンクを採用した50本限定別注のDW-6900FS「glamb haslux」。男女問わず、コーディネートのアクセントとして、腕元を鮮やかに彩る。

DW-6900-SS-1A2JR

コラボ ステューシー 第4弾

STUSSYとコラボレーションモデル第4弾。STUSSYの30周年を記念してリリースされたDW6900型の「XXX G-SHOCK DW6900」。ボディ全体にグロスコーティングを施しており、ELバックライトにストックロゴを使用している。

コラボ エヴァンゲリヲン 初号機モデル

出典:g-shock.jp

GA-110EV-6AJR

コラボ エヴァンゲリヲン 初号機モデル

G-SHOCKと大ヒットを記録した「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのコラボ。日本から世界へ向けてジャパン・カルチャーを発信する両者が融合した。ベースモデルに、最新モデルであるビッグケース仕様のGA-110を採用。「エヴァンゲリオン初号機」の機体をイメージして、パープル×ライトグリーンをメインカラーとしている。

GA-110PS-7AJR

コラボ エヴァンゲリヲン 綾波レイ

G-SHOCKと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのコラボレーションモデル。綾波レイのプラグスーツをイメージしてデザインされている貴重なモデルだ。

Gショック コラボ シャア

出典:www.boo-bee.jp

DW-6900FS

コラボ シャア

2009年に機動戦士ガンダム放映30周年を記念して限定リリースされた“赤い彗星”シャアのカスタムモデル「シャア専用ザク」をイメージしたG-SHOCK。裏面にはシャア専用ザクとG-SHOCKのコラボレーション記念のマークが施してある。文字盤にZEONロゴ、ELバックライト点灯時にはジオンマークが浮かび上がる。

Gショック コラボ ガンダム

出典:buyee.jp

DW-5600VT

コラボ ガンダム

ガンダム30周年を記念して登場した人G-SHOCKの「ガンダムモデル」。5600系をベースにガンダムらしいホワイトのボディに仕上げている。ELバックライト点灯時は、ホワイトベースの所属を意味するペガサスマークが浮かび上がる。細部に至るまでガンダムと地球連邦軍の世界観を表現している。

最強コラボ G-SHOCK×STUSSY秘話

STUSSYG-SHOCKが初めてコラボレーションを発表したのは1997年。まだコラボモデルという形が確立していなかった時代であった。今ではストリートブランドなどとの共同企画も多いたG-SHOCKだが、当時STUSSYとのコラボ企画というのは画期的な取り組みだった。

そして伝説的1stモデルが発表され、史上空前のメガヒットを記録したというわけです。

そういうわけでGショックのコラボモデルが確立されていき、今に至るわけですね。

この1stモデル、前日から徹夜をしても買うことができなかった人が多く、そのため一時は50万以上の高額なプレミアがついたそうです。

まさに私と同様、伝説の時計ですね。伝説の“G”モデル…。はっ、まさか伝説のゲーハーモデルでは!?

自分で言うてもうてるやん…。そして2005年8月6日に待望の2ndモデルが発売されることになったわけです。1stモデルの伝説的事件がありますから、当日は抽選販売だったらしいです。手に入れた人は幸運だったというわけです。

コラボモデル、おそるべし…。

コラボモデル、今でも入手できるの?

それじゃ、今コラボモデルは入手できないの?

入手できないことはないですが、ヤフオクや楽天などで中古で購入することになります。上記の一覧のモデル名を、検索エンジンで調べれば出てくると思いますよ。中古といってもプレミアが付いているので、かなり高額になりますが…。

プレミアかぁ…。サイゴーさんの残りの髪の毛と同じですね。

誰が残りわずかな限定商品やねん!勝手に人の髪の毛に付加価値つけてんじゃないわよ!

なんかオネエ言葉になってますが…。または、下記リンクをちょいちょいチェックするかですね。今でも購入できるモデルですのでお見逃しなく!

その他、中古品ですが下記リンクでも購入できます。ジャンル別にしていますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

すごく面白い夢のある企画でしたね。続きが気になります。

それでは2011年から2017年までのGショックコラボモデルに続きます。こちらもワクワクする内容となっております。下記リンクから、是非ご覧ください!