INSERT COIN
グッドスタイル
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
腕時計

ワクワクが止まらない!G-SHOCKの定番メンズモデルを系統別アプローチ!

Gショックおすすめ

ストリートカルチャーから人気に火がつき、ブームとなった「G-SHOCK」。当時若者だった人たちは今や40オヤジだ。今でもG-SHOCKを愛用している大人たちも、そうでないおじさん方も、見ているだけでなつかしくなり、ワクワクしたりするのではないだろうか。今回は、そんな見ているだけで胸が熱くなるおすすめの定番G-SHOCKを系統別にアプローチ。完全保存版として特集する。

さあ、今回は完全保存版Gショック系統別アプローチとなっております。

いつもながら、ワクワクしますね!サイゴーさんなんて最近Gショックに興味持ち始めて、ひたいに“G”の文字が浮かんできてますからね。

ああ超人ゲーハーマンね。

誰がゲーハーマンの“G”やねん!キン肉マン、ラーメンマンと並び称される正義超人のレジェンド・ゲーハーマン参上!!って何でやねん!Gショックの“G”でしょうが。

っていうかGショックの“G”は何か知ってます?「Gravity」の頭文字から名付けられたんですよ。日本語で「重力」の意味です。

じゃあ、サイゴーさんの天敵ですね。完全に重力に負けて、抜け落ちてますから。

それでは皆様、GショックVSゲーハマンをお楽しみください!っておーーーーイ

基本的な機能

  • SHOCK RESIST…耐衝撃機能。G-SHOCK全てに搭載されている。
  • WATER RESIST…G-SHOCKは基本的に20気圧の防水性能を有する。
  • MUD RESIST…防塵、防泥機能。
  • RUST RESIST…防錆機能。
  • MULTI BAND 5/MULTI BAND 6/GPS時刻補正…世界各地の電波時計での、時刻修正機能である。世界各地域で自動的に時刻修正され、狂わずに使用できる。一部のモデルでは、GPS腕時計機能を搭載し「GPSの受信」で、電波時計が受信出来無い地域では、地球上のタイムゾーンを選んで時刻補正する。
  • Tough Solar…太陽電池充電機能。
  • TOUGH MVT.…一部のアナログ時計に搭載される。

Gショックの購入を検討しているなら覚えておいて損はない用語ですので、チェックしておこう!

G-SHOCK系統、シリーズ別図鑑

最新のモデルではなく、「あーこんなのあったなあ」という、チョイ前ぐらいのG-SHOCKを系統、シリーズ別で紹介。分かりやすく分類しているだけでなく、おすすめの代表モデルをチョイスしているので、是非参考にしてほしい。

ORIGIN(5000/5600系)

G-SHOCKの定番と呼ばれる5000、5600系角型モデル5500系丸型モデル、2代目丸型モデルのDW-5700系モデルもこの「ORIGIN」シリーズに該当する。ヨーロッパでは6900系の丸形モデルもORIGINにカテゴライズされる。

この「ORIGIN」シリーズは、「eG-SHOCKの歴史的傑作20選がなつかしい!甦る復刻版8選も」でたくさん紹介しているので、そちらをご覧ください。

Master of G

「マスターオブG」は、極限を生き抜くプロフェッショナルのためのタフネスウォッチであり、G-SHOCK史上最高傑作と言われる。デジタル版の「MAN」シリーズとアナログ版の「MASTER」シリーズに分類され、「陸・海・空」から編成される。

この「マスターオブG」シリーズも「e史上最強の大人のホビー!G-SHOCK最高傑作!「マスターオブG」徹底解析!」で詳しくご紹介しておりますので、どうぞお読みください。

MR-G

最上級とされるシリーズで、耐衝撃構造をもつフルメタルのケースに、人工サファイアガラスやダイヤモンドライクカーボンによる超硬質コーティングを施したチタン外装など、高級腕時計の技術を集約。価格も最上級だ。

クリックで商品ページへ

MRG-8100B-1AJF(2008年)

伝統のテクノロジー面だけでなく、強度・材質や造形などの細部にまで妥協なくこだわった、孤高のクラス感を醸し出すG-SHOCKの最高峰「MR-G」。MRG-8100Bのモジュールは、大容量タフソーラー&世界6局対応の電波受信機能を備えた、5モータードライブ+フルアナログタイプのタフムーヴメントを搭載している。

タフムーヴメント…世界6局受信の電波受信機能、大容量ソーラー駆動、針位置自動補正機能を搭載し、耐久性を追求して設計されたハイブリットマウント構造で創られた、カシオ独自の薄型電波ソーラームーヴメント。

MRG-G1000B-1AJR(2014年)

G-SHOCK最上級ラインMR-Gから、機能・構造の進化を果たしたモデルが登場。フルメタルケースでは初となる「耐衝撃構造」と「GPSハイブリッド電波ソーラー」の搭載を実現した。

GPSハイブリッド電波ソーラー…カシオ独自のソーラー充電システムで駆動し、GPSによる位置の測定または電波により時刻を修正する機能。

MT-G

樹脂をメインにステンレスパーツを被せた、ハイブリッド衝撃吸収構造を採用。強さと美しさを兼ね備えたGショックの革命的モデルだ。

MTG-1500-1AJF(2008年)

メタルと樹脂を融合させた革新的なハイブリットデザインのMT-Gから、ソーラー電波時計の最新ムーブメント「タフムーブメント」を搭載したモデルが2008年に登場。アナログ・デジタルのコンビネーションムーブメントを採用した革新的デザインに仕上がっている。

MTG-S1000V-1AJF(2015年)

美しさとタフネスさを、メタルと樹脂の融合による革新的な構造とデザインで具現化させたMT-Gから、エイジド加工を施したスペシャルモデルが2015年に登場。長年使い込んだオイルライターや車・バイクといったタフな男のツールをイメージし、特殊な仕上げにより独特の風合いを表現した。

GIES

アナログムーブメントを搭載した、落ち着いた大人の雰囲気を持ったモデル。ステンレスケースに樹脂のプロテクターを被せた衝撃吸収構造とスクリューバックを採用している。タフネスと曲線美を追求した洗練のスタイルだ。

GS-1200-9AJF

出典:g-shock.jp

GS-1200-9AJF(2008年)

シンプルなデザインに、最新の薄型アナログ電波ソーラームーブメント「タフムーブメント」を搭載。世界6局の電波を受信する「マルチバンド6」、ムーブメントの耐久性を向上する「ハイブリッドマウント構造」、万が一、針ズレがおきた場合、自動で位置を補正する「針位置自動補正機能」を搭載し、これらが大容量ソーラー充電システム「タフソーラー」で駆動する、当時としては画期的なモデルだ。

GS-1400-1AJF(2010年)

メタルと樹脂がスマートに融合し洗練されたGS-1000の外装デザインを採用。先進の耐衝撃性能を備えたテクノロジーと、アナログが持つデザインの美しさを高次元で融合したモデルだ。

Bluetooth

スマートフォンと連動する次世代腕時計。スマートフォンへの着信・メール受信を腕時計が知らせたり、スマートフォン経由で時刻自動修正することができるなど、次世代の機能を搭載する。また「G’MIX」シリーズは、専用アプリと連携し、ミュージックコントロールや楽曲の検索など、音楽ライフを楽しめる。

GB-6900B-1JF(2013年)

Bluetoothに対応し、スマートフォンと連携する次世代型G-SHOCKの2013年版。ベースモデルにはG-SHOCKのBASICデザインDW-6900のフォルムを受け継いだGB-6900Bを採用。アプリのバージョンアップで、使える機能が拡張する楽しさも持っている。

GBA-400-1AJF(2014年)

様々なカルチャーと融合し、カジュアルシーンの中で強い存在感を放つG-SHOCKから、MUSICシーンをテーマにした「G’MIX」が登場した。G-SHOCKとBluetoothSMART対応スマートフォンとの連携により、音楽をよりアクティブに楽しむことができる通信機能が進化。

100系

GA-100-1A1JF(2010年)

アナログとデジタル表示が融合したコンビネーションモデルが2010年に登場。新開発のモジュールは、1/1000秒ストップウオッチや速度計測機能の搭載を実現。JIS1種の耐磁性能を有し、高い実用性を誇る。

GD-100-1BJF(2010年)

“高輝度LEDバックライト”を搭載したモデル。明るさの強いLED発光システムと導光板を採用することで、暗い場所でも時刻等がより判別しやすくなった。また、ワールドタイムやアラーム、ストップウオッチなど実用的な機能も備えている。

AWG-M100A-1AJF(2012年)

スタンダードモデルのアナデジ「AWG-100」がマルチバンド6となって2012年に登場。実用的な月日、曜日一括表示を備えたベーシックなデザインは踏襲。利便性を追求し、計測タイム確認時などに針が液晶表示の上に重なって見づらい場合、簡単なボタン操作で針を一時的に移動させる機能を搭載している。

110系

GA-110GB-1AJF(2015年)

ブラック×ゴールドシリーズの同モデルは速度計測機能を備え、細かなパーツが積み重なった立体的なフェイスデザインが特徴。 G-SHOCKらしい武骨なオールブラックのボディに、エネルギッシュに輝くゴールドをカラーリング。ボディ全体にまとった光沢塗装と随所に施したミラー加工の質感が乗じて、煌びやかでクールなデザインに仕上がっている。

200系

GA-200SH-1AJF(2011年)

メタリックカラーシリーズの同モデルは、文字盤にアナデジを採用。ケースやバンドに、ブラックやブルー、グレーといったダークカラーのメタリック塗装を施すことで、金属の持つ力強いタフネスさを表現している。

300系

GA-300-1AJF(2012年)

大型ケースを採用したデジタルとアナログのコンビネーションモデル。タフネスを象徴する凹凸のあるビッグケースを採用。歯車をモチーフにした立体的な文字板を使用し、針やインデックスにメタリック処理を施している。

400系

GD-400-1JF(2014年)

プロテクターを身にまとい、クラシカルなタフネスデザインはそのままに進化を果たした2014年のモデル。90年代、時計の前面全体を保護するプロテクターを備えたG-SHOCKは、スケートボードなどストリートスポーツを好む若者たちの間で評判となり、G-SHOCKを代表するモデルの一つとなった。そのクラシカルなデザインを継承しつつ、最新のストリートファッションなどで取り入れられているカラーリングでラインナップした“進化形”だ。

6900系

GW-6900-1JF(2009年)

様々なコラボレーションモデルに採用され、ストリートファッションなどで人気のDW-6900が、世界6局の標準電波を受信するマルチバンド6を搭載して登場。デザイン、ケース径はそのままに、電波ソーラー化を実現した。

GD-X6900FB-7JF(2013年)

タフネスデザインを象徴する大型のケースを採用したモデルX6900。DW-6900と比して、ケースサイズは約108%、存在感を放つサイドボタンは約170%とし、インパクトのある造形に加え、立体感を強調した新型の文字板が迫力のあるフェイスデザインを実現した。

7900系

G-7900-1JF(2009年)

過酷な環境下での仕様を考慮した新たな高機能デジタルモデル。防護服などの着用時に厚手のグローブをはめたままでも確実な操作を可能にする大型ボタンを搭載。さらに多くの情報を表示しながら、高い視認性を確保する大型液晶を採用し、-20℃という厳しい状況下でも作動する耐低温仕様となっている。

GW-7900B-1JF(2009年)

過酷な環境下での使用を考慮した新たなソーラー電波機能搭載高機能デジタルモデル。タイドグラフ・ムーンデータ計測機能を搭載しながら、世界6局標準電波の受信を実現。防護服などの着用時にグローブをはめたままでも確実な操作を可能にする大型ボタンを搭載し、高い視認性を確保する大型液晶を採用している。

8900系

G-8900A-1JF(2011年)

凹凸のある大型ケースに操作性の良い大型ボタンを採用。夜間の視認性を向上させるライトには腕を傾けると発光するオートライト機能付き高輝度LEDを搭載している。タフな構造はそのままに基本性能を磨き上げたNewスタンダードモデルだ。

GW-8900-1JF(2011年)

G-SHOCKらしい武骨な大型ケースに、操作性の良い大型のボタンを採用。また、ライトには発光時間の切り替えが可能な白色高輝度LEDを搭載。フルオートLEDライトとなっており、明暗を感知し腕を傾けるだけで発光する。

2017年のトレンドは?

それぞれの系統別の持ち味が出ていて、非常に勉強になりました。中でも100系の「AWG-M100A-1AJF」は、2012年のモデルなのに、全く古さを感じさせないですね。

さすがモリチュウ、お目が高い!実は2017年のトレンドカラーとしてブルーがきてるんです!「AWG-M100A-1AJF」のアクセントとしてのブルーは非常に好感度が持てる、あたたかなカラーですよね。おすすめです!

ブラマヨ小杉がG-SHOCKを愛用する理由

お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉さんのGショックを愛用している理由、知ってます?

小杉さん売れてるのに、まだGショックしてるんですか?もっと高級時計してそうなのに。ねえ、タコホイヤーさん。

チュウチュウタコかいなー♫って誰が高級ダコ愛用してんねん!

小杉さんは売れない頃からずっとGショック愛用してるんですけど、普通売れると高級志向に走りがちなんですね。そんな中、小杉さんだけは売れてもずっとGショックだったんです。「ジャック・バウアーの24モデルやで」と番組内で自慢してました。そんな小杉さんがGショックにこだわり続けている理由が、「漫才する時、実はG-SHOCKのストップウォッチで計って出てんねん」ということなんです。え?って感じですけど、その裏には「スーツだろうが、どんな良い服着ていようが、G-SHOCK付けている間は”俺が漫才師だ”という証やねん」という意味が込められてるんですよね。

ええ話ですね。

これ番組内で明かした話なんですけど、最後は相方の吉田さんがオチつけて、「ストップウォッチモードにはしてるけど、スタート押すの忘れて、よう”00:00″になっとるわ!」言うてました。

我々もそうですけど、Gショックって思い出が詰まってますよね。青春時代にずっと一緒にいましたから。

皆様もまだまだこれから先、ずっと一緒にいれる“相棒”を見つけてみてはいかがでしょうか。

おまけ

もしお手持ちのGショックの説明書を無くしてしまって、操作が分からないという方がいましたら、下記リンクのサイトにて、取扱説明書をダウンロードしてください!

説明書無くして使い方分からず、毎晩夜中に「ピピピピ♫」とアラームが鳴るあるある。

Cショック。いつか中国はやると思ってたあるある。

「その時計、重たくない?」とよく聞かれるあるある。