INSERT COIN
  • 2017/04/08どどーんとサイトオープンしました。
  • 40オヤジのワクワクするモノマガジン「チョイレボ」へようこそ!
  • 詳しくは「チョイレボって何なん?」をお読みください。
  • 面白おかしく「買える」「学べる」「遊べる」をコンセプトに、40オヤジがワクワクするようなライフスタイルを発信していきます。
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
チョイレボ見てね
Gショック大図鑑
Gショック大図鑑
トミカ大図鑑
腕時計

史上最強の大人のホビー!G-SHOCK最高傑作!「マスターオブG」徹底解析!

マスターオブG

G-SHOCK史上最強と言われる「マスターオブG」シリーズ。地球上の最も過酷な環境に耐えられるように設計された同シリーズは、まさにカシオの最高傑作と呼べるだろう。今回は「マスターオブG」とは一体何なのかを分かりやすく解説する。

Gショック史上最高傑作と名高い「マスターオブG」ですよ皆さん。40オヤジの諸君、知ってますか?

名前は良く聞くんですけど、詳しくは知らないなぁ。

僕は全然知りません。

サイゴーさん知らないの?地球上の最も過酷な環境で生き抜いているのに?

誰が砂漠で佇む人間太陽光発電システムやねん!「あ〜今月電気代だいぶ助かるわー」言うてる場合ちゃうねん!!

今回もツッコミが冴え渡ってますね。ワタナベさん、分かりやすく説明してくださいよ。

ではでは簡単に「マスターオブG」を解説しますね。知れば知るほどワクワクしますよ!

「Master of G」とは

デジタル時計においては、1990年代から潜水用防水機能がついた「FROGMAN(フロッグマン)」など「~MAN」と名付けたプロ仕様の人気モデルは既に存在していたのをご存知だろうか?現在は「MUDMAN(マッドマン)」「GULFMAN(ガルフマン)」「RANGEMAN(レンジマン)」を加えた計4機種を「マスターオブG」シリーズのデジタル版としてラインナップ。同シリーズ製品として発売されていた「RISEMAN(ライズマン)」や「GAUSSMAN(ガウスマン)」などは、すでに生産終了となっている。

Master of G「MAN」シリーズ

FROGMAN(フロッグマン)

潜水用のG-SHOCK。ISO規格準拠200m潜水用防水性能を備え持つ。水中での操作性を考慮し、ボタンは時計盤から突き出しており、ベルトも水中での落下を防ぐため2穴の仕様となっている。

クリックで商品ページへ

GWF-1000-1JF

【耐衝撃×ISO規格準拠200m潜水用防水】

MUDMAN(マッドマン)

防塵性、防泥性が特に強化され、過酷な環境である砂漠での使用を想定したモデルとなっている。方位センサーも装備。

GW-9300-1JF

【耐衝撃×防塵・防泥(マッドレジスト)構造+ツインセンサー】

GW-9300GB-1JF

【耐衝撃×防塵・防泥(マッドレジスト)構造+ツインセンサー】

ツインセンサー…圧力と温度センサー

GULFMAN(ガルフマン)

海での使用を想定して防水性・防錆性を強化したモデル。外気に触れるメタルパーツは防錆に優れるチタン素材を採用し、錆に強い構造を実現。

GW-9110-1JF

【耐衝撃×防錆構造】

RANGEMAN(レンジマン)

圧力センサーと温度センサーが搭載された、ツインセンサーモデル。苛酷な環境である高温多雨のジャングルや密林での使用を想定している。

GW-9400J-1JF

【耐衝撃×ボタンガードシリンダー構造+トリプルセンサーVer.3】

GW-9400BJ-1JF

【耐衝撃×ボタンガードシリンダー構造+トリプルセンサーVer.3】

トリプルセンサーVer.3…方位、高度、気圧/温度の計測

要するに「マスターオブG」は、極限を生き抜くプロフェッショナルのためのタフネスウォッチであり、「MAN」シリーズは「マスターオブG」のデジタル版ということですね。そしてアナログ版が「MASTER」シリーズです。アナログ版を作り改めて「陸・海・空」という切り口でまとめたというわけです。

2015年から「マスターオブG」を再編成し、デジタルは「MAN」シリーズ、アナログは「MASTER」シリーズと明確に分けられた。

Master of G「MASTER」シリーズ

陸の覇者 MUDMASTER(マッドマスター)

ジャングルや砂漠、あるいは災害救助など土砂や瓦礫が積もる場所での使用も想定し、砂・埃・泥の侵入を徹底的に防ぐ構造を開発。さらに方位・気温・気圧・高度などが確認できるセンサーも搭載した。

クリックで商品ページへ

GWG-1000-1A3JF

【耐衝撃×新防塵・防泥構造+トリプルセンサーVer.3】

GWG-1000-1AJF

【耐衝撃×新防塵・防泥構造+トリプルセンサーVer.3】

GWG-1000-1A9JF

【耐衝撃×新防塵・防泥構造+トリプルセンサーVer.3】

GWG-1000GB-1AJF

【耐衝撃×新防塵・防泥構造+トリプルセンサーVer.3】

ブラック×ゴールドカラーをテーマにしたNewモデル

めっちゃかっこいいですね。ミリタリー感がたまらない!

耐衝撃に加え、防塵・防泥構造がさらに強化(新マッドレジスト構造)され、またトリプルセンサーVer.3が装備されています。まさに陸の覇者ですね。

海の強者 GULFMASTER(ガルフマスター)

荒れた海などで過酷な任務を遂行する男たちのために、海上での活動を想定したタフネスを追求。G-SHOCKが誇る耐衝撃構造と最先端のセンサー技術を融合し、天候悪化の予測、環境変化の把握など、厳しい状況での機能性、操作性、信頼性を実現した。

GWN-1000B-1BJF

【耐衝撃×トリプルセンサーVer.3】

GWN-1000GB-1AJF

【耐衝撃×トリプルセンサーVer.3】

GN-1000-1AJF

【耐衝撃×ツインセンサー】

GN-1000B-1AJF

【耐衝撃×ツインセンサー】

空の王者 GRAVITYMASTER(グラビティマスター)

航空機内での使用を想定し、遠心力・衝撃力・振動力に耐えうる構造を実現。2都市の時刻を同時表示する機能の他、世界6局の標準電波とGPS衛星電波を両方受信し、どこにいても正確な時刻表示を叶えるという世界初の機能も搭載した。

GPW-1000-1AJF

【耐衝撃×TRIPLE G RESIST+GPSハイブリット電波ソーラー】

GPW-1000-1BJF

【耐衝撃×TRIPLE G RESIST+GPSハイブリット電波ソーラー】

GPW-1000GB-1AJF

【耐衝撃×TRIPLE G RESIST+GPSハイブリット電波ソーラー】

GW-A1100FC-1AJF

【耐衝撃×TRIPLE G RESIST+方位計測機能】

  • dトリプル G レジスト…さらなるタフの追求により、衝撃力、遠心力、振動の3つの重力加速度に耐えるタフネス構造。
  • dGPSハイブリット電波ソーラー…GPS衛星電波と標準電波(マルチバンド6)の2つの電波受信に対応。屋外屋内を問わず、世界中で正しい時刻を表示する。

かなり分かりやすかったなあ!マスターシリーズは「陸・海・空」のプロも納得の本格仕様ってことですな。

何よりデザインが秀逸ですね。僕は陸の・マッドマスターが一押しです!

細部までこだわり抜き、妥協しないデザインはかなり完成度が高いですね。「陸・海・空」お気に入りは見つかったでしょうか?それぞれ販売ページへリンクしているので、気になったものはのぞいてみてください!

その他の「MAN」シリーズ

「MAN」シリーズは実はまだ他にもあるんですよ。でも現在は生産が終了してますけど。一応、紹介しておきます。

  • ANTMAN(アントマン)…電波時計を搭載
  • RAYSMAN(レイズマン)…タフソーラーを採用
  • FISHERMAN(フィッシャーマン)…チタンによる防錆構造とタイドグラフを装備
  • WADEMAN(ウェイドマン)… 方角計測機能を搭載
  • REVMAN(レブマン)…デュアルストップウォッチを搭載したモータースポーツモデル
  • LUNGMAN(ラングマン)…脈拍計測機能を搭載したトライアスロンモデル

こんなに種類あったんですね。

今では「MAN」シリーズのラインナップは4つになりましたけど、まあそれだけデジタルが勢いあったんでしょうね。しかし昨今のアナログ版の「MASTER」シリーズはすごい勢いですねえ。力の入れようがすごい!

知ってました?「MASTER」シリーズ開発にあたっては、レスキュー隊や船乗り、イギリス空軍といった現場のプロに、彼らが求めるスペックをヒアリングしたそうなんです。そうこうしているうちに、すごい特殊機能になっちゃったんですね。

陸の覇者海の強者空の王者、そしてサイゴーさんは、毛根の勇者ですね!

誰が過酷な環境下で必死に踏ん張る毛根界の期待の星やねん!

う〜ん、ツッコミのクオリティが低い…。

まとめ

  • dマスターオブG」は、極限を生き抜くプロフェッショナルのためのタフネスウォッチ。
  • dMAN」シリーズは「マスターオブG」のデジタル版。
  • dMASTER」シリーズはアナログ版。
  • d陸・海・空」から編成。

いかがでしたか、「マスターオブG」シリーズが超分かる大全は?

すごく理解できました!

この「マスターオブG」シリーズが非常に人気なんですよね。5万~10万円のアナログタイプのラインナップ強化が奏功し、2014年の年末商戦では昨年比2倍の売り上げになったというから驚きです。そもそもGショック、1983年の発売当時は約1万円、1990年代ブームの時期でも1万5000円くらいが売れ筋でしたよね。昨今では5万円前後という“大人価格”のものが好調だとか。これも「マスターオブG」様様ですよね。さすがGショック史上最強!まさに大人のホビー!CASIOの本気さが伺えます。

ここまで“プロ仕様”にこだわるのがスゴイ!ってか人が潰れても「マスターオブG」は壊れない!はっ、まさかゴキ○リのGか…。

CASIOに怒られるわ…。とまあ、とにかくすごすぎるGショック「マスターオブG」。現代ではほとんど実用性のないこの“プロ仕様”は、いわば大人の遊びですよね。少年心をくすぐられるというか。でもとにかくかっこいいですね。そして「カッコよすぎて迷うわ〜」って人のために、選択肢を狭めるべく、「決断くじ」をご用意いたしました。今回は「陸の覇者」「海の強者」「空の王者」の3つです。あなたにぴったりなのは、陸、海、空のどれでしょうか。お試しあれ!

決断くじ
あなたにぴったりな陸・海・空は?

おまけ

「MAN」シリーズのバック刻印が何だか可愛いので、掲載しておきます!笑

マスターオブG刻印