INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
アウトドア

初心者におすすめのファミリーキャンプ用品!道具選び徹底攻略編!

初心者におすすめのファミリーキャンプ用品

日常生活から脱却し、大自然に囲まれてファミリーキャンプを満喫…。考えるだけでワクワクするような時間だが、道具などの準備のことを考えると大変そうで、なかなか実現しないという方も多いのではないだろうか。特に初心者の人は、どんなキャンプ用品を選んでいいのか分からない。そんな初心者のために当サイトでは、おすすめのキャンプ用品をピックアップ。キャンプデビューへ向けてのポイントと併せて紹介する。

今回はキャンプ初心者のための「ファミリーキャンプ用品」特集です。「どの道具がいいのか全く分かりません!」と、キャンプ童貞は皆さんこう言うわけでございます。では、初心者でも簡単に扱えて、機能性抜群で、スタイリッシュで、さらにコスパも最高…。こんなキャンプグッズが一挙に揃うならどうしますか?

休みの日に家族を連れてキャンプに行きます!

正解!

独身なんで一人キャンプに行きます!

正解!!キャンプ行くでしょ?当然ですよね。実は、ファミリーキャンプの攻略方法は道具選びにあるんです。そんなキャンプ道具の初心者マストアイテムを、一挙にお教えするんですから、童貞ながらキャンプを制したも同然なんです。というわけで、おすすめのキャンプ用品を、キャンプデビューへ向けてのポイントと併せて紹介しちゃいます!乞うご期待!

用意しておきたいキャンプ道具

ファミリーキャンプ初心者の一番の悩みは、「道具は何から揃えらばいいの?」。そこでファミリーキャンプの攻略法として当サイトでは、道具を3種類に分けることを提案。「絶対に必要なもの」「あれば便利な道具」「家のもので代用できるもの」の3つに分類し、それぞれ必要に応じて取り揃えよう。最初から全部用意するのは経済的な面からも負担になるので、まずは必要なものから準備したい。

用意するべき道具例

  • テント
  • テーブル
  • チェア
  • ランタン
  • 寝袋
  • クーラーボックス

あれば便利な道具例

  • タープ
  • 焚き火台

家のもので代用できる道具例

  • 調理器具(フライパン、食器、包丁など)
  • バーナー(カセットガスコンロがあれば代用可)

ターブ」って知ってますか?テントを寝室とすると、タープはリビングのようなものなんです。支柱の上部にシートが付いていて、日差しや風、雨などを防ぐ役割があるんです。特に夏のキャンプは日射が強いので、快適に過ごすためには必要ですよね。人数や状況に合わせて、用意するかどうか決めればいいと思います。

それでは用意しておきたいキャンプ道具を把握した上で、ファミリーキャンプにおすすめの道具を紹介していきます。

初心者におすすめのキャンプグッズ

キャンプは道具が命だ。しかし初心者はどの道具が良いのか分からず、非常に困ってしまうもの。そこで初心者でも安心して使えて、なおかつ超便利で快適なキャンプグッズを紹介する。素晴らしいキャンプライフを過ごすために是非、参考にしてほしい。

テント

クリックで商品ページへ

コールマン タフドーム 3025 スタートパッケージ

テント泊の必需品を全て完備したテント。一人でも設営できるアシスト機能が付いている、初心者にも安心のタフドームだ。家族4、5人がゆったりと寝れる広い300cm幅に、大人も安心の高さ175cmという広さで、テント内の移動も楽々だ。メインポールは、強風でもびくともしないアルミ合金製となっている。地面の凹凸を軽減するインナーシートや、湿気をシャットダウンするグランドシートも付いていて、快適なテントライフが過ごせる。

テーブル&チェア

コールマン ピクニックテーブルセット

テーブルがベンチ内に収納されるオールインワンセット。軽くて強いアルミフレームを使用しているので、持ち運びも楽々。天板はフレームを開いて乗せるだけの簡単な設営となっている。食事の時には欠かせない、超簡単で便利なアイテムだ。

ライト、ランタン

コールマン クアッド マルチパネルランタン

4つの発光パネルが取り外し可能で、ハンディタイプのライトとしても使用できる。発光パネルを取り外しても本体は明るいままで、そのままランタンとして使える。USBポート付きで、携帯の充電もできる。マルチに使える初心者には嬉しいランタンだ。

寝袋

モンベル バロウバッグ

メンテナンスが容易で、初心者に最適の寝袋だ。優れた保温性と速乾性を併せ持ち、超快適な睡眠をサポートしてくれる。夏の高山から冬の低山キャンプまで、一年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルだ。

バーナー

SOTO ハイパワー2バーナー ST-525

ワンアクションで点火できる2バーナー。常にガスを提供する「ガスシンクロナスシステム」により、長時間でも安定した火力を保つ。キャンプシーンで様々な調理に使えるほか、自宅の庭やテラスでのバーベキューなどでも重宝する。別売りのスモーカーを使えば、燻製料理にも対応。初心者にも嬉しい、充実した機能のスタンダードモデルだ。

キッチングッズ

スノーピーク パンクッカー CS-600

様々なアウトドアレシピにマルチ対応する新野外クッカーセット。外だけでなく家でも使えて、IHにも対応している。一台で焼く・炒める・煮る・揚げるの全てをこなす「ディープフライパン」、取り回しの良さを必要とする焼き料理に対応する「シャローフライパン」、管理のしやすさで、ワンランク上の美味しさに炊き上げる「ライスクッカー」の3点がワンセットになっている。どんな料理もおいしく仕上げ、家でもメインに使用するユーザーもいるほどだ。

スノーピーク テーブルウェアーセット

家族を想定したステンレス製の4人用テーブルウェアーセット。大小4種のプレート類をオールインワンに重ねて携行することができる。0.4mmの薄さで軽量ながら、丈夫で錆にくい特徴を持つ。同じアイテムをスタッキングすれば、かさばらずに収納ができる。

オピネル #8

伝統あるフランス老舗メーカーののアウトドアナイフ。熟練された職人の手作業で作られている。温かみと味のあるブナのハンドルのデザインが特徴的だ。折りたたみ式で携帯でき、さらに抜群の切れ味を誇るので、いざという時に便利。価格もリーズナブルな超定番アイテムだ。

モンベル チタンスプーン&フォークセット

チタン製のスプーンとフォークの2本1セット。口に当たる部分は鏡面仕上げにし、柄の部分はくり抜くことで軽量化を図っている。なんと重量わずか30g。付属のミニカラビナで一つにまとめ、持ち歩くこともできる。

クーラーボックス

キャンプの成功を左右する重要アイテム「クーラーボックス」。基本的には、暑い日差しにも負けない、非常に高い保冷力を誇るものが最適だろう。当サイトでも以前、クーラーボックスを紹介したので参考にしてほしい。

どうです、皆さん?めっちゃ欲しくなってきたでしょ?なんとこれらのキャンプグッズ、コンパクトカーでも十分に積めちゃうんです。ありがたいですよね!

ワタナベさんの言った通りでした!初心者でも簡単に扱えて、機能性抜群で、スタイリッシュで、コスパも最高…!アウトドア初心者グッズのバイブルです!

ファミリーキャンプ初心者におすすめのキャンプ場選び

初心者におすすめのファミリーキャンプ用品

初心者の方には、近くに買い物施設や水洗トイレ、夜間照明がある整備されたキャンプ場がおすすめだ。下記はキャンプ場の種類と、テントを張る場所のタイプ(サイト)。是非、覚えておこう。

キャンプ場の種類

  • オートキャンプ場…テントの側に車を停められる。
  • 野営キャンプ場…車が駐車できる所から離れた場所にある。

テントサイト(キャンプ場のテントを張る場所)のタイプ

  • 区画サイト…設営スペースが決まってる。予約して場所取りも可能。
  • フリーサイト…自由に設営ができる。場所取りは早い者勝ち。
  • 電源サイト…設営スペースに電源がある。家電の持ち込みができる。

近場のキャンプ場を選ぼう

初めてのキャンプは、片道1時間から1時間半程度のキャンプ場を探そう。初心者はテント設営などに時間を要し、移動時間がかかればキャンプ場で過ごす時間が少なくなってしまう。お子さんなどの体調も考慮し、初心者は無理せず、近場のキャンプ場を選ぼう。

車の横づけが出来るオートサイト・電源付きサイトを選ぼう

車で乗り入れできるオートキャンプ場は、荷物の出し入れが便利で、雨の時にもすぐに避難できる。また電源付きのサイトは、ライトや調理器具など自宅同様に家電を持ち込んで使用できる。初心者にもってこいの入門サイトではないだろうか。

水洗トイレ・お風呂があるかチェック

女性やお子さんがいるなら、水回りの設備は必要となってくる。水洗トイレやお風呂、シャワーなどの設備は、キャンプ場により様々で、設置されていないというキャンプ場もある。事前に確認しておくことが望ましい。

キャンプ場って全部同じようなもんだと思ってたけど、色々種類あるんだな。

そうなんです。サイトの形態によっても違いがありますし。中級者からは「フリーサイト」や「区画サイト」もいいですね。

  • フリーサイト…使える面積に制限がない自由に使えるサイト。自分の空間や車の導線の確保が、初心者には難しい。
  • 区画サイト…あらかじめ決めてある面積の中でテントやタープを張るサイト。広さはキャンプ場によってまちまちなので、状況によって設営が変わってくる。

家族で遊べるキャンプ!

初心者におすすめのファミリーキャンプ用品

子ども連れのキャンプならやはり、お子さんが中心となってくる。自然の中で新たな発見をしたり、思わぬ所で力を発揮したりと、キャンプを通じて成長する子どもの姿は何よりの楽しみだ。そんなファミリーキャンプには家族で楽しめる「遊び」が不可欠。海、山、川のキャンプ別の遊びを、リストで紹介する。

海キャンプでおすすめの遊び

  • シュノーケリング
  • 釣り・魚取り
  • 砂遊び
  • ビーチコーミング
  • スイカ割り

「ビーチコーミング」とは、海岸や砂浜に打ち上げられた漂流物を観察しながら、親子で一緒に宝探しすることなんです。貝殻やサンゴを集めてクラフト雑貨を作れば、オリジナルの記念品になっていいですね。

山キャンプでおすすめの遊び

  • 登山・クライミング
  • サイクリング
  • 昆虫採集
  • 星空観察
  • 広場で遊ぶ(ボール、ペーパーグライダーなど)

川キャンプでおすすめの遊び

  • 釣り・魚取り
  • カヌー・カヤック
  • 石焼クッキング
  • 水きり

「石焼クッキング」とは、バーベキューの足場を組んだ熱い石を利用したキッズクッキングなんです。温まった石の上にベリーやイチゴを置いて、スプーンでじっくり練って、砂糖をまぶすとジャムが完成します!火傷には十分ご注意を。

「水きり」とは、平たい石を水面に向かって浅い角度で投げ、連続ジャンプをさせる遊びですね。上手に投げると、向こう岸まで届いたりしました。懐かしいです。

まとめ

いやー、いいもん紹介してもらったなぁ。快適キャンプのためのマストアイテムと言っても過言じゃないね!

さらにファミリーキャンプ初心者にも分かりやすく、キャンプ場の選び方まで教えてくれましたし。

どうですか?ファミリーキャンプの攻略できそうですか?キャンプグッズ選びは、「初心者でも簡単に扱えて、機能性抜群で、スタイリッシュで、コスパも最高」です!覚えておいてくださいね。アウトドア好きは見た目もかなり重視しますし、初心者は多機能だけど簡単に扱えることが重要になってくるし。もちろんコスパも大切ですしね。それでは皆さん、良いアウトドアライフを!

業界最大級のアウトドア用品宅配買取「買うトドア」

アウトドア用品を新しく買い替えたい人や、キャンプ用品が不要になった人、また買ってみたものの全く使用していない人、業界認知度NO.1のアウトドア用品買取サービス「買うトドア」をご利用しませんか?査定・送料・手数料・キャンセル料は完全無料。高額買取のため、買取成約率は93%。国内最大級のアウトドアメディア「CAMP HACK」「YAMA HACK」「TSURI HACK」の運営会社であり、査定歴10年以上の知識に富んだプロが在籍。どこよりも安心して査定依頼ができます。