INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

「声が震える」あがり症を克服する10の方法!急な場面にインデラル薬もアリ?

声が震える

結婚式のスピーチ、大勢が注目する会議など、あがり症の人は日常に緊張するシーンがたくさんある。さらにあがり症の人を悩ます症状の1つに「声が震える」というものがあり、緊張する場面には非常に厄介な症状となる。そんな深刻な悩みを克服すべく、当サイトでは「『声が震える』あがり症を克服する10の方法」を掲載。急な場面には「インデラル」薬の服用もアリか討論する。

声の震えはかなり悩まされますね。本当にありがたい特集です。

あがり症の身体的な症状は様々ありますが、何と言っても目立つのが「声が震える、言葉が詰まる、どもる」といった「声」や「話し方」によるものなんです。それでは早速見ていきましょう。

なぜ「あがり症」になるのか?

あがり症の症状はたくさんあるが、一番の原因とされているのが「対人不安」である。それは場数を踏めば改善できるといった経験やスキルの問題ではなく、脳のメカニズムが原因なのだ。

  • 周囲の視線を意識してしまう
  • 焦りを感じる
  • 不安を感じる

最初のうちは、上記のような心理的な現象なのだが…

  • 体が震える
  • 手が震える
  • 声が震える、言葉が詰まる
  • 顔が赤くなる

…といった身体的な変化を引き起こしてしまう。これが「あがり症」である。あがり症は、脳の生命維持のためのセキュリティが危機を察知して、生命を守ろうとする働きによって引き起こされる。ここでいう生命とは「人の自尊心」のことで、それが「傷つけられるかもしれない!」という危険を感じ、脳は「あがり」という警報を鳴らすのである。

自尊心とは、「人に好かれたい」「人に認められたい」「人に評価されたい」といった欲求であり、「失敗するかもしれない」「恥をかくかもしれない」といった危機から身を守ろうとするんです。それが「あがり」という警報として、体が震えるたり、顔が赤くなったりと様々な症状として現れるんですね。

私の症状は、声が震えたり、言葉に詰まったり、さらにどもったりするんですよね。

今回は特に「声が震える」といった症状にスポットを当て特集してますので、声が上ずったり、震えたり、息苦しい症状に悩まされている方は必見です。

あがり症診断セルフチェック

あがり症の主なパターンを挙げておくので、当てはまる項目にチェックしてほしい。3つ以上当てはまる人は、あがり症である可能性が高い。

  • 初対面の人と食事をするのが苦手だ
  • 自己紹介が非常に苦手だ
  • 披露宴やパーティーが憂鬱で仕方ない
  • 断られるのがいやで人に頼みごとができない
  • 何事も完璧でないと自分が許せない
  • 八方美人だと自分でも思う
  • 10人以上の人の前で話すとあがって話せなくなる
  • 人と別れたあと、すごく疲れる
  • カラオケなど人前で何かを披露するのが嫌でたまらない
  • 話すことより文章を書くほうが得意
  • 電話をかけるのも出るのも怖い
  • 面接や会議などプレッシャーがかかる場面で、どもることがある

また下記は、あがりの症の症状別リスト。自分がどの症状に該当するのかチェックして、それに応じた改善に取り組もう。

  • …震える、上ずる、息苦しい
  • 話し方…どもりがある、滑舌が悪い、早口になる
  • 手足…震える、硬直する
  • 視線…目が泳ぐ、伏し目がち、聞き手を見ることができない
  • 消化機能…胃痛、吐き気、頻尿
  • その他…汗が出る、赤面がある

俺は全く当てはまらないな!あがり知らずの鉄の心臓ですから。

え、「髪が抜ける」って症状はないですか?

あがらないけど、髪抜ける〜♬カッパエビセン、ダツモー♬

あがり症の「声が震える」を治す10の方法

人前で話すのが苦手で、緊張して声が震えてしまう人は意外と多い。悩んではいるが、克服する具体的な方法が分からないという声も多いのだ。そこで当サイトでは、「声が震える」症状を抑える10の方法を紹介する。是非、参考にしていただきたい。

筋肉弛緩法でリラックス

リラックスして話すためには、上半身に余計な力が入っていないことが大切だ。そして体が硬くなっていては、声が詰まり滑舌も悪くなる。肩を思いきり上げてから、力を抜いてストンと落としたり、首を回すなどして上半身をリラックスさせると筋肉が緩み、声が出しやすくなる。

呼吸法で緊張を解く

緊張していると心臓がドキドキと鳴り、汗をかいたり、声が震えるなどの身体的な症状が出てくる。これらの症状は深く呼吸することで、副交感神経を活発にし、心拍数を下げることができるのだ。緊張してきたと感じたら、「腹式呼吸」がおすすめだ。呼吸法をもっと知りたい人は、下記のリンク先を参考にしてほしい。

あがり症に効くツボを押す

急に人前に立たなくならなくなったときなど、「手のツボ押し」が非常に効果的だ。特に手の内側には緊張をほぐすツボが集中していて、いつでもどこでも簡単に実践できる克服法である。動悸、息切れなど緊張緩和に抜群の効果を発揮するので、「声が震える」という症状でお悩みの方も必見だ。下記のリンク先にて詳細をご覧いただける。

口元ではなく舌を動かす

声が震えたり、吃音(どもり)で上手く話せないという方は、口元だけで発生をコントロールしようとしている傾向にある。口元だけで発声しようとすると、ますます震えはひどくなり、コントロールは利かなくなる。口元ではなく、舌の付け根あたりで発声することを意識してみよう。

体を支え震えを止める

体の震えを止めることで、声の震えも緩和される。自分の近くにある机や壁などに体を付けたりして、何かに体を支えるだけで、震えは止めることができるのである。

意識しすぎない

「声が震えないようにしなきゃ」と意識しすぎないようにしよう。そう思うことでより緊張が助長してしまうのだ。少しぐらい震えていても大丈夫と、気楽な気持ちで本番に臨むことが大切なのだ。

声を録音する

自分の声を録音しておき、客観的に「声の震え」を聞いてみることで、効果的な改善が望める。そしてうまく喋れた声を自分に記憶させておくことで、「成功したポジティブなイメージ」が脳に植え付けられ、次に人前に出るときには、かなり話しやすくなっているだろう。

笑顔を作る

作り笑いでも笑顔を作ることで、気分が落ち着き安心感が得られる。また、笑顔は自分も人も明るい気持ちになる。笑顔で人前へ立てば、場の雰囲気が和み、緊張感が和らぐ。さらにはポジティブな気持ちにもなれるのだ。作り笑顔であっても、気分は落ち着き「声の震え」はなくなるだろう。

いつもより大きな声を出す

最初の第一声の大きさをいつもの1.5倍にするだけで、テンションが上がり、その後の全てがうまくいくのだ。理由として、大きな声を発することで、脳を「緊張」からそらすことができるためである。そして人間には、大きな声を出すことにより、心も大きくなるというメカニズムが存在するのだ。大きい声を出すだけで強気になれて、「声の震え」なんてどこかに飛んでいくだろう。

「震え」を認め、ありのままの自分をさらけ出す

緊張や震えは誰にとっても嫌な感覚であり、それが「緊張は正常な身体の防衛反応なんだ」と理解していても、受け入れたくないものである。しかし緊張や震えに抵抗するよりも、あがりを受け入れた方が自分の実力を発揮できるのも事実である。緊張して震えている自分を受け入れ、いい格好しようとせずに、ありのままの自分をさらけ出してみよう。「ダメでもともと」「失敗してもかまわない」という開き直りの気持ちで、「震え」を認めて望めば、必ず良い結果が残せるのである。

「声の震え」改善にスポットを当てましたが、かなり役立ちそうなのが揃いましたね。

これで声の震えも怖くないですね。でも急に人前に立たなきゃいけなくなったときなどは不安ですよね。何か対処法はありますか?

あがり症克服に費やす時間もなく、それでいて確実に手足や声の震えを止めたいなら「インデラル」という薬を服用することをオススメします。

確実に手足や声の震えを止めたいなら「インデラル」

あがり症克服には時間が必要で、急場を凌ぐ場合などは「インデラル」という薬を服用することで、緊張を穏和し手足や声の震え止めることができる。

インデラルは、有効成分の「プロプラノロール」の効果により心拍数が安定。プロプラノロールはアドレナリン作動性効果遮断薬の1つなので、アドレナリンとノルアドレナリンの分泌を抑えることができるのだ。さらにインデラルで不安感を抑え心拍数を安定させることで、震えはもちろん心の安定を保つこともできるのである。

インデラルには10mgと40mgの2種類が存在するが、これは薬に含まれている有効成分の強度を示しており、10mgよりも40mgの方が強いということだ。「偏頭痛」にも効果があると認証された薬なので、偏頭痛の方は10mgを、狭心症やあがり症など手の震えを止めたい方は40mgを選ぼう。

また個人差にもよるが、服用して30分から1時間ほどで効き目が現れ、3、4時間ほど持続する。インデラルは副作用があまりないということが特徴でもあるが、若干の眠気やだるさを伴うこともあるので注意しておきたい。

インデラルの副作用

インデラルに限らず、薬には必ず副作用があるものだ。主なものとして…

  • 心不全
  • 徐脈
  • 低血圧
  • 動悸、めまい
  • 身体のだるさ・ふらつき・めまい
  • 手足のしびれ
  • 喘息発作の誘発

…などがあるが、広く使われている薬であるし、必要以上に心配しなくていいかと思う。しかしより安全を考えるなら、病院で医師に相談の上、処方してもらうのがいいだろう。

こんなシーンにも

インデラルは様々な緊張するシチュエーションにも、効果が期待できる。例えば…

  • プレゼン前に
  • 初対面の挨拶前に
  • 面接の前に
  • 演奏会の前に
  • スピーチの前に
  • 試験の前に

インデラルはこんな薬だ!

インデラルは、有効成分のプロプラノロールを含有する高血圧・狭心症・不整脈・片頭痛治療薬である。そして、血圧を下げる薬でもある。また、脈の乱れを整えたり、心臓の収縮をゆっくりさせることで、心臓への負担を減らし、狭心症の発作を予防する。ほかにも、片頭痛の予防や、低酸素発作を予防する効果も有している。

インデラルの有効成分であるプロプラノロールは、心臓の働きを活発にするホルモンであるカテコールアミンが、心臓の特定部位であるβ受容体に結合するのを遮断する。脈の乱れを整えたり、心臓の収縮をゆっくりさせることで血圧を下げたり、心筋の酸素の需要を減らして狭心症の発作を予防するのである。またプロプラノロールは、数多くの研究報告が発表されている、最も長い臨床経験を有するβ遮断薬となっている。

売れ筋インデラル ベスト6

クリックで商品ページへ

インデラル(Inderal)10mg

クリックで商品ページへ

インデラル(Inderal)40mg

クリックで商品ページへ

インデラルジェネリック10mg

クリックで商品ページへ

インデラルジェネリック40mg

クリックで商品ページへ

インデラルジェネリック ベータプロ10mg

クリックで商品ページへ

インデラルジェネリック ベータプロ40mg

でも薬を服用するわけだから、やっぱり抵抗あるなぁ。

薬というのはインデラルに限らず、どれもが副作用があるものなので、そこまで神経質になって心配する必要はないと思います。先述した通り、不安なら医師に相談の上、処方してもらうのがいいのではないでしょうか。私個人の意見としては、どうしても震えを止めなきゃいけない場面や、急に訪れた緊張のシーンなどでは、服用はアリだと思います。

僕もアリですね。人生にはどうしても決めなきゃいけないときがありますから、いざというときのために持っておくことをオススメします。

さらに確実なあがり症克服方法が?

いかがだっただろうか?「声が震える」あがり症を克服する10の方法は?この方法だけでも、声の震えはかなり穏和されたはずである。

あがり症の「声が震える」を治す10の方法

  • 筋肉弛緩法でリラックス
  • 呼吸法で緊張を解く
  • あがり症に効くツボを押す
  • 口元ではなく舌を動かす
  • 体を支え震えを止める
  • 意識しすぎない
  • 声を録音する
  • 笑顔を作る
  • いつもより大きな声を出す
  • 「震え」を認め、ありのままの自分をさらけ出す

しかし上記の10の方法だけでは、急な場面や確実に震えを止めたいときには、やや対処が難しかったのではないだろうか。そこで登場したのが「インデラル」の服用。いざというときのために、購入しておいて損はないだろう。しかし、これらの方法だけでは、完全にあがり症を克服することは難しい。特に極度のあがり症の人にとっては、根本的な治療や改善を早急に進める必要がある。そしてあがり症克服の最後の決め手となるのが、「メンタル面の強化と具体的なあがり治療法」である。しかしこの心理的観点からの克服法は、簡単に説明できるものではない。だが当サイトでは、5分程度であがり症を根本から、完全に克服できる夢のようなプログラムをお教えする。心理的なアプローチを中心に、100%あがり症を克服できる具体的なプログロムとなっている。

はい、今回勉強したことにプラスし、具体的にそして完璧に実践したい方は、下記リンクの書籍を購入してみてもいいかと思います。詳しくはお教えできませんが、メンタル面を重視した方法や、洗剤意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法まで、これまでになかったプログラムとなっています。一般の書店では販売しておりませんので、真剣にあがり症で悩んでいる方や、完全に治したい方は、下記からチェックしてみてください。