INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

セロトニンを活性化させてあがり症を克服する方法!緊張しない体の作り方

セロトニンとあがり症克服

あがり症で悩む人は非常に多く、そのほとんどが性格の問題だと考えられてきた。しかし昨今では、性格以外の様々な原因が浮上し、その一つに脳内神経伝達物質「セロトニン」の減少が重要視されているのだ。当サイトでは、あがり症克服の鍵となる「セロトニン」の増やし方を徹底的に特集。緊張しない体を作り、あがり症を克服する。

セロトニン」って知ってますか?

初めて聞きますね。

昨今、あがり症の新たな克服方法として、非常に注目を集めているのが「セロトニン」なんです。それでは早速、詳しく見ていきましょう。

セロトニンとは?

三大脳内神経伝達物質には、「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「セロトニン」があり、それぞれ違った役割がある。ドーパミンは快感や喜びなどを受け持つ快楽物質で、ノルアドレナリンは不安や恐怖、それに意欲を全身に伝える役割があるのだ。またセロトニンは、これらの伝達物質が過剰に働いた時に抑制する働きをし、セロトニンが減少すると感情がコントロールできにくくなったり、必要以上に恐怖や不安を感じてしまい、全身を緊張させる原因となる。あがり症の場合にも著しいセロトニンの減少が見られ、セロトニンの減少を抑えたり増加させることで、あがり症が改善されることが近年の研究で分かってきたのである。つまり、あがり症は精神的な克服だけではなく、セロトニンによっても改善できるのだ。

あがり症克服は、精神的な面だけじゃないんだな。なら、セロトニンを増やせばいいってことだよな。

セロトニンを増やすには?

あがり症克服に効果的である「セロトニン」を増やすには、不規則な生活や、睡眠不足などの生活習慣を改善することが重要である。そのためには、朝起きて太陽の光を浴び、適度な運動とバランスの良い食事を摂るなど、規則正しい生活を心掛けよう。他には、リズミカルな運動によって活性化されるという特徴もある。またグルーミングといった人との触れ合いの中からも、セロトニンを増加させることができるのだ。

それでは、具体的にどうしたらセロトニンが増えるのか見ていきましょう。

早寝早起きの規則正しい生活を心掛ける

セロトニンは太陽の出ている昼間に分泌されやすく、睡眠中や日が沈んでいる間は分泌が少なくなる。人間は本来「昼間に活動し夜は寝る」という生活リズムを持っていて、この原則を守ることがセロトニン神経の活性化に効果的なのである。早寝早起きを心掛け、規則正しい生活をすることが、セロトニンを増やすための大原則なのだ。また目覚めてすぐに、太陽の光を浴びるとさらに効果的である。

俺は薄毛予防のために、早寝早起きの規則正しい生活を心掛けているぞ。

夜中までAV見てますやん…。それに予防って段階じゃないでしょ。

誰が太陽光いらずやなん!夜中でもピカッと明るいわ!ってアホか!

それは夜、眠れませんね…。

トリプトファンを含む食品を食べる

セロトニンの原料となるのは「トリプトファン」や「ビタミンB6」に「鉄分」、そしてトリプトファンの分解やビタミンB6の合成をサポートする「腸内細菌」である。これら3つの要素を全て兼ね備えた食事が、セロトニンを増やすためのベストな食事なのだ。そして豆類や穀類、漬物など日本の伝統的な和食は、そうした要素をクリアできるバランスの採れた食事なのである。下記はビタミンB6と鉄分を含む食材。あがり症克服のために参考にしてほしい。

ビタミンB6を含む食材

  • 赤身の魚(マグロ・カツオなど)
  • 肉類(豚肉・鶏肉・牛肉など)
  • レバー(豚・鶏・牛)
  • 豆類(大豆・小豆など)
  • 果物(バナナ・プルーンなど)

鉄分を含む食材

  • 魚類(あゆ、いわし、煮干し、干しエビなど)
  • 貝類(しじみ、あかがい、ほっき貝、あさりなど)
  • 海藻(あおのり、ひじきなど)
  • 肉類(豚肉(はつ)・鶏肉(はつ)・牛肉(せんまい)など)
  • レバー(豚・鶏・牛、レバーペースト)
  • 豆類(大豆・小豆、みそなど)
  • 卵の卵黄

リズミカルな運動をする

スクワットや階段の昇り降りなど、一定のリズムを刻む運動を反復して行うと、セロトニン神経が活性化されると言われている。スクワットに限らず、ウォーキングや水泳、自転車やフラダンスなど、リズムの良い運動を続けていくことが、セロトニン神経の活性化に役立つのだ。またヨガや座禅、太極拳など呼吸と連動して行うエクササイズも、セロトニンの活性化に非常に効果的である。そして、こういった運動を意識的に5分以上行い、さらに長期間継続していくことが、あがり症克服のために重要なのである。

食事をする際に、よく噛む

一定のリズムを伴った運動の中で、最も簡単で続けやすいものとして「そしゃく」がある。そしゃくとは、物を噛む動作であるが、「運動は苦手…」という人でも、これなら意識するだけで続けられるのだ。方法はいたってシンプルで、食事の際によく噛んで食べるだけである。その中でもさらに簡単に実践できる方法は、「ガムを噛む」ことである。

薄毛予防のための「ブラシトントン」もリズミカルな運動だよな!

確かにそうですね…。やりすぎには注意してください。

自然・動物と触れ合う

緑の多い場所にいるだけで、セロトニンは分泌する。また、動物とスキンシップをとることでも、セロトニンは強く活性化し、神経伝達物質のバランスを整えてくれるのだ。さらにグルーミングによっても、セロトニンは増加するのである。グルーミングとは、動物同士がお互いの毛づくろいやノミ取りなどを行う触れ合い行為であり、人間の場合は親子や恋人同士のスキンシップなどの触れ合いが該当する。また、家族や友人とのおしゃべり、マッサージ、撫でるなどの触れ合いもグルーミングとされ、これらのスキンシップがセロトニンの活性化とストレス耐性の向上に効果があるとされているのだ。

はい、始まりました「サイゴーさんとグルーミング」のコーナーです。美人限定でお願いします。

普段は滅多にできない、ハゲ頭を自由に撫で回せます!この機会にどうぞ!

足りない栄養素はサプリで補給

食の好みは人それぞれであり、セロトニンを増やすための食生活を心掛けることは簡単なことではない。そんなとき、足りない栄養素を手軽に補ってくれるのがサプリメントである。中でも、セロトニンの合成に必要不可欠なトリプトファンとビタミンB6を同時に摂取できるグッドナイト27000」は大変おすすめだ。

クリックで商品ページへ

休息サポートサプリ「グッドナイト27000」

成分は、セロトニンの合成に必要な「トリプトファン」と「ビタミンB6」以外にも、抗ストレス作用のある「GABA」や「ラフマ葉エキス」、さらに「ラクティウム」という抗ストレス作用に優れた特許成分を配合。また、夜間の良質な睡眠をサポートする「テアニン」という成分が豊富に配合されており、ダイエットなどで様々な栄養素が不足しがちな人や、ストレスが溜まりやすい現代人には効果が期待できるサプリメントとなっている。あがり症克服にも、大いに役立ててもらいたい。

手軽で安価!これであがり症が克服できれば言うことなしですね。絶対に買おっと♬