INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

食べ物、運動、睡眠を見直す「あがり症」の治し方!

あがり症克服

あがり症の原因には、生活習慣が大いに関係している。食べ物、運動、睡眠などを見直すことで、あがり症は想像以上に解消するのだ。また、考え方を少し変えるだけでも、あがりはかなり克服できる。今回の特集は、食べ物、運動、睡眠など生活習慣を改善することで、あがり症を治す方法を解説する。

生活習慣の改善なら、すぐにでも取りかかれそうですね。

あがりに対する「考え方」もそうですけど、意外と身近で簡単な方法で、あがり症を克服できるんですね。それでは早速、見ていきましょう!

あがり症になってしまう原因は?

赤ちゃんのときからあがり症の人はいない。あるとき何らかのきっかけにより、あがり症を発症するのだ。その原因は様々だが、あがり症を発症しやすい人の多くは、共通した性格傾向が認めれれている。

  • 思い込みが激しい
  • プライドが高い
  • 小さなことにこだわりやすい

…などの性格の人は、あがり症になりやすいと言われていて、「他者からの評価」を非常に気にする傾向にある。「人からバカにされたらどうしよう」「人前でうまくやれるだろうか」といった不安を感じやすく、ちょっとした失敗でも他人からの評価をネガティブに捉えてしまうのである。また過去に、大勢の前で失敗してしまった経験がトラウマとなり、あがり症を発症する場合もある。「あの時のようになってはいけない…」という過度な気持ちが原因となるのだ。

  • 人前で失敗を笑われた。
  • 上司にこっぴどく叱られた。
  • 大事なプレゼンに失敗した。

など、大勢の前で恥をかいたエピソードがきっかけとなり、人目を過剰に意識してしまうようになるのだ。

うわぁ、めっちゃ経験あります…。

大きい小さいは別として、人間は皆、経験あるんじゃないかな。

サイゴーさんの場合は、カツラを落としてしまったエピソードですね。

落としたことないし、そもそもカツラじゃねえわ!

生活習慣を改善して、あがり症を克服する

あがり症の主な治し方として、「生活習慣の改善」と「精神療法」がある。中でも「生活習慣の改善」は、今すぐに手軽に始められるのでオススメしたい。

睡眠不足を改善する

睡眠不足だと精神的に不安定になる傾向があり、不安や恐怖を感じやすくなってしまう。乱れた生活習慣は、あがり症を悪化させる原因となるのだ。また、「睡眠が嫌な記憶を小さくしてくれる」ということが、カリフォルニア大学の研究で明らかになっている。つまり、嫌なことが心に刻まれてトラウマになる前に、睡眠をとって小さくしてしまえばいいのだ。

規則正しい食生活を心がける

食事の感覚が不規則だったり、栄養が著しく偏っている人は、脳に十分な栄養が行き届かないため、不安や恐怖が高まる傾向にある。そして食生活の偏りは、あがり症を悪化させる原因ともなる。1日3食、規則正しく、バランス良く食べているかどうかを再確認してみよう。また、あがり症の方にオススメな献立を記載しておく。

あがり症の方にオススメな食事

【朝食】

和食…ご飯、お味噌汁、納豆など
洋食…牛乳やヨーグルトなどの乳製品、卵、バナナなど

【昼食】

バランスよく栄養が摂れる和食が望ましいが、忙しい人はサンドイッチや麺類などの単品でも可。咀嚼はセロトニンの分泌を促進するので、時間がないときもできるだけよく噛んで食べるようにしよう。

【夕食】

肉や魚をしっかり摂る。大豆食品にはトリプトファンが多く含まれるので、豆腐料理もオススメ。

和食中心の食事が良いんですね!セロトニンを活性化させると、緊張しづらい体質を作ってくれるんでしたよね。

そうです。大豆などの食品に含まれる植物性たんぱく質は、セロトニンの原料になりやすいと言われています。どんどん摂るように心掛けてください。

運動不足を解消する

忙しいと運動不足になりがちだが、適度な運動はポジティブな気持ちを作るために大切である。また適度な運動は、睡眠の質を上げるので、不安や恐怖を消すために大いに役立つのだ。また昨今では、運動習慣を持つことで、セロトニンが活性化することも分かっている。ということは、運動している人はあがりにくいのだ。理想的な運動量は、「1日30分以上を週4日以上」であり、運動習慣はあがり症を改善するだけでなく、精神的にも肉体的にも健康になるのである。

適度な運動はいいことづくめなんだな!

運動をするとセロトニンが分泌されやすくなるんです。またヨガや座禅も、セロトニンの活性化に非常にに有効的なんです。あとはウォーキング、スクワットなど反復運動をできるだけ多く繰り返しましょう。

あがり症が軽くなる「考え方」

あがり症は「考え方」一つで軽くなるのをご存知だろうか。ます知っておきたいのは、「あがっている姿」は悪印象ではないということ。結婚式のスピーチなどで、かなり緊張している人をよく見かけるが、聴衆のほとんどは心の中で応援しているものである。逆に淡々と全く緊張せずに話す人のスピーチは、あまり印象に残らず、ごう慢なイメージを受けてしまったりする。ということは、あがっている姿はマイナスイメージではなく、真剣さや誠実さが伝わり、好印象になることが多いのだ。

また、あがり症の人は、「落ち着いて、落ち着いて…」と緊張をねじ伏せようとする傾向にある。あがり症の人は、緊張することがいけないことだと感じていて、そのような行為がさらに緊張を増長させるのだ。緊張を無理やりねじ伏せようとするのではなく、「緊張してもいいよ」と自分自身を許してやり、本番前には「さぁ、今から緊張するぞ!」と緊張を受け入れるようにしよう。その瞬間、あがり症はかなり軽くなるのだ。

あがり症が軽くなる「考え方」

  • 「あがっている姿」は悪印象ではない
  • 「さぁ、今から緊張するぞ!」と開き直る

考え方一つで、あがり症はかなり軽くなるんですね!そんな治し方があったなんて知りませんでした!

相手を必要以上に大きい存在と考えない

見た目や肩書きなどで、相手を必要以上に大きな存在と捉えてしまっていないだろうか。そういう人は、親しい人となら普通に話せるが、自分よりも位が上だと感じる人の前では緊張してしまい、上手に話せなくなってしまう。しかし考えてみれば、大企業の社長であっても、ただのおっさんなのだ。年収が高かろうが、高級車に乗っていようが、加齢臭のする薄毛のその辺のおっさんなのである。そう考えると、どんな相手であっても緊張の度合いは変わらなくなるだろう。人間は皆同じなのだ。そのことを肝に銘じ、人と接するようにしていきたい。

相手の肩書きや容姿などで、萎縮してしまうことってありますよね。でも、皆同じただの人間ですから。必要以上に、相手を大きい存在と考えるのはやめましょう。

メンタル面からあがり症を克服する

いかがだっただろうか?生活習慣と考え方を変え「あがり症」を克服する方法は?日々の生活を少し変えたり、考え方を少し変換してみるだけで、あがり症は劇的に改善できるのだ

  • 生活習慣を改善して、あがり症を克服する
  • あがり症が軽くなる「考え方」

この2つの方法が、あがり症克服へと導いてくれるだろう。そしてあがり症克服の最後の決め手となるのが、「メンタル面」からのアプローチである。しかしこの心理的観点からの克服法は、簡単に説明できるものではない。だが当サイトでは、5分程度であがり症を根本から、完全に克服できる夢のようなプログラムをお教えする。心理的なアプローチを中心に、100%あがり症を克服できるプログロムとなっている。

はい、今回勉強したことにプラスし、具体的にそして完璧に実践したい方は、下記リンクの書籍を購入してみてもいいかと思います。詳しくはお教えできませんが、メンタル面を重視した方法や、洗剤意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法まで、これまでになかったプログラムとなっています。一般の書店では販売しておりませんので、真剣にあがり症で悩んでいる方や、完全に治したい方は、下記からチェックしてみてください。