INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

あがり症メンタルトレーニング!人見知りがなくなり、上手に人前で話す方法!

あがり症克服のためのメンタルトレーニング

日本人の95%は人前で話すのが苦手であり、その大部分は「あがり症」である。彼らの大部分は人見知りであり、人前が苦手だ。当サイトでは、あがり症克服のために、本番に強くなり、人前でうまく話せる方法をメンタルトレーニングを中心に特集。具体的かつ心理的なコツをお贈りする。

僕はかなり話すのが苦手ですね…。

でもモリチュウ、酔っ払ったとき、めっちゃ良く喋るけどね。

話し下手も、かなりメンタルが関係してるということですよね。

今回はあがり症克服のためのメンタルトレーニングを中心にお贈りします。まずは、なぜ人前だとうまく話せないのかを見ていきましょう。

人前でうまく話せないのはなぜか?

人前で話すことが苦手なあがり症の人は、実は話すこと自体が苦手というわけではないのだ。「人前で失敗したくない」という恐れの気持ちが、「人前で話すことが苦手」だという風に思い込んでしまっているのである。他人からの評価を気にしすぎて、失敗を恐れるあまりに、極度のあがり症に陥ってしまうのだ。そういう失敗や恐れを意識しる人は、「完璧に話さないといけない」という完璧主義の人に多い。完璧主義と聞くと、非常に良いことのように思うが、完璧主義とマイナス思考は似ているものなのだ。完璧主義だからこそ、自分ができないこと、苦手なことにばかり目がいってしまい、そのことが失敗や恐れに繋がっている。うまくできない自分が許せないのだ。そんな、完璧にうまくできない自分に対して「できなくてもいいよ」と許してみてはどうだろうか。そのことが、失敗に対する恐怖からの解放となり、あがり症克服へと繋がるのだ。

モリチュウは、几帳面で完璧主義でネガティブな性格だからなぁ。

典型的なあがり症ですよね。

うまくできなくてもいいよ」と自分を許してあげてください。サイゴーさんも、「生えなくてもいいんだよ」と頭皮を許してあげてもいいんじゃないですか?

絶対許さない!生えるまで許さないから!

人前で緊張しないで話せる方法

良いイメージを描くトレーニング

「人前ではすぐにあがってしまう」とか「人前ではうまく話せない」というイメージを抱き続けることによって、苦手意識が生まれ、いつまで経っても克服できない。これを改善するには「大丈夫、きっとうまくいく」「人前では緊張しない」という言葉を常に念じ、良いイメージを頭の中に描くというイメージトレーニングをしてみよう。本番直前に、自分が成功しているプラスのイメージを描くことが、あがらないコツなのだ。

心理的ハードルを下げる

あがり症の人は、プレッシャーを感じやすい。人前に立たなければいけないシーンなどで、普段とは違ったかしこまった話し方をしなければいけないといったプレッシャーを勝手に感じてしまい、結果うまくいかなかったりするのだ。この場合は、心理的なハードルを低くすることが大切となってくる。例えば、友人や少しだけ目上の人に語りかけている感覚で話してみたり、原稿を間違えても内容が伝わっていたら大丈夫だと思っておこう。

最初の一言

スピーチの前に「私はスピーチが苦手なので…」や、「今、大変緊張しておりますが…」というような自分の欠点を言っておけば、聞き手も親近感を持って話を聞いてくれるようになり、気持ちもかなり楽になるのだ。

緊張したら姿勢を変えて意識をそらす

緊張にはバイオリズムがあり、突然あがり症が現れることがある。「来たな」と思ったら背筋を伸ばすなど、別のことに「意識」をそらすようにしよう。また、背筋を伸ばすことで「自己肯定感」が高まり、感情がポジティブにもなる。天井を見上げるだけでも意識がそれて、前向きな感情になったりすることも覚えておきたい。

本番に強い自分になれる、効果的な3つのメンタルトレーニング法

瞑想

瞑想を実践したとしても、頭の中に様々な雑念や不安、恐れなどが湧いてくるのが人間である。それらを無理に消そうとするのではなく、観察してみよう。自分が何を思うかを、一歩下がったところから観てみることが大切なのだ。

ストレストレーニング

ストレスは、起こってしまっている現実と無理に戦うときに現れてくるものである。しかし、すでに起こってしまっていることに反発して戦いを挑んでも、敗北するのは目に見えている。そこで、私たちを苦しめているのは現実ではなく、自分の感じ方なのだと理解できれば、安定したメンタルを保つことができる。

達成できる現実的な目標を設定する

叶わないような理想を掲げるのではなく、達成できる程度の現実的な目標を設定する。大きすぎる目標に振り回されず、自分は「確かにこれを成し遂げたのだ」という感覚を育てていくことが、自信を持って行動する土台になっていく。

かなり役立ちそうです!精神面をトレーニングしてやることが、あがり症克服にはかなり大切なんだなって感じました。

まとめ

いかがだっただろうか?本番に強くなり、人前でうまく話せるメンタルトレーニングは?人前で緊張しないで話せる自分を作るためにも、本番に強い自分になるためにも、メンタルを安定さすことがいかに重要かがお分かりになったかと思う。大切なのは気持ちの持ちようであり、精神的な意識を変えていくことである。

  • 良いイメージを描く
  • 心理的ハードルを下げる
  • 最初の一言に欠点を言おう
  • 姿勢を変えて意識をそらす
  • 瞑想をしよう
  • 意識を変えるストレストレーニング
  • 達成できる現実的な目標を設定する

上記の事柄を実践することが大切なのだ。そのためには、今回学んだ精神面のトレーニングを実行し、さらに根本となる原因究明と改善を望む方は下記を参考にしてほしい。先述した効果的な心理療法を重視したプログラムとなっているのだ。

はい、今回勉強したことをもっと詳しく、具体的にそして完璧に実践したい方は、下記リンクの書籍を購入してみてもいいかと思います。詳しくはお教えできませんが、メンタル面を重視した方法や、洗剤意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法まで、これまでになかったプログラムとなっています。真剣にあがり症で悩んでいる方は、チェックしてみてください。