INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

緊張とうまくつき合う!あがらない自分を習慣化すれば平常心が保てるの巻!

あがり症を治すための克服法

あがらない自分で常にいることは可能なのだろうか?そのためには、まず「なぜあがってしまうのか」「あがり症とは何なのか」を知り、対策を練ることが克服への第一歩だ。そして緊張を和らげるテクニックや、緊張しない自分を習慣化する方法を伝授。最後に、緊張とうまくつき合う、とっておきの方法と対策をお贈りする。さらに当サイトがおすすめする、究極のあがり症改善の本を紹介するなど、かつてない克服術を惜しげもなく披露する。お見逃しなく。

かなり核心に迫った、あがり症克服法を披露しちゃうんですね。

他ではなかなか教えてくれない、とっておきの情報が満載です。特に最後にお伝えする、あがり症の究極の対策本は見逃せません。一般の書店には置いていない本で、ここでしか購入することができません。是非、最後までお読みいただきチェックしてみてください。

それでは早速いっちゃってください。

人はなぜあがってしまうのか?

人は誰でもあがってしまう生き物だが、緊張してしまう時や場面は人それぞれだ。それでは人はどんなときに“あがって”しまうのか?それは、大きく分けて3つに分けられる。

  • 場慣れしていないから
  • プレッシャーを感じるから
  • 準備・練習不足だから

上記のようなシュチュエーションで、緊張してしまい、思うように話ができなくなってしまう人は多い。また顔が赤くなってしまったり、震えたりする人もいるだろう。中には汗が止まらなかったり、どもってしまう人もいる。それは人間の自己防衛本能が働いているからであり、異常などではない。脳には、肉体面だけでなく、精神面からも生命を守るために働く機能がある。つまり「あがり症」による様々な症状は、すべて脳による防衛本能がもたらした体へのアラームと言っていいのだ。 そして、人前に立つと緊張するのは「恥をかきたくない」といった感情が要因であることが多い。人は他人から「認められたい」「評価されたい」という欲求があり、それが損なわれるかもしれないと感じた瞬間、防衛本能が働くのだ。

しかし生まれたときから防衛本能が働くわけではなく、幼少期の失敗など、自尊心が傷つけられた経験が、防衛本能を働かせるのだ。そのため緊張の度合いが人それぞれなのは、過去の傷ついた経験の度合いもそれぞれだからである。ということは、かなり緊張してしまう人は、過去に大きく傷ついた経験があるということなのだ。

僕はあるなぁ〜。幼稚園のときに、うんこ漏らして恥かいた経験が…。小学生になってからは、自分がついた嘘が原因でホームルームが開かれて、その嘘がバレたときは非常に恥かきましたね。サイゴーさんもありますよね。幼少期にハゲをバカにされた辛い経験が…。

子どもの頃からハゲてねえわ!

「緊張」を和らげる対策とテクニック

意識して腹式呼吸をする

意識的な腹式呼吸を心掛けよう。まずは、目をつぶり鼻で息を吸って口で吐く。そして大きく息を吸って、脳に酸素を送り込むイメージで何度か繰り返してみよう。

マイナスのイメージをしない

「もしうまくいかなかったらどうしよう」などマイナスのイメージは決してしないでほしい。マイナスはマイナスしか生まないものである。

気分が高揚する音楽を聴く

本番前には、気分を高揚させて「自分はできる」と挑んでみよう。その際に音楽を聞くと効果的である。

適度な緊張感を持つ

リラックスだけを考えずに、適度な緊張感を残しておこう。必要以上のプレッシャーは捨てて、ありのままの自分で挑もう。

すぐにでも実践できそうなのばかりですね。

「気分が高揚する音楽を聴く」なんかは、スポーツ選手がしているのを参考にしているんです。強い精神力が必要になってくるプロのスポーツ選手からは、学ぶことが多いです。

「緊張しない自分」を習慣にしよう

習慣となった「決まりきった行動」をするとき、人は落ち着いて行動できる。これは、よくスポーツ選手が使っているテクニックで、いつもと同じ行動や段取りをすることで、自分を落ち着かせ、緊張をほぐすことができるのだ。例えば、イチロー選手がバッターボックスに入ったとき、バットをセカンド方向に水平に伸ばし、左手で右腕のユニフォームの袖をつまむ。また、ラグビーの五郎丸選手の「五郎丸ポーズ」も有名だ。そうすることによって、緊張や興奮を落ち着かせ、リラックスした状態で本番を迎えられるのだ。ならば、あがり症でお困りの方は、“習慣ポーズ”を考えてみるといい。大切なのは、ただ何となくやるのではなく、その動きをすることによって「リラックスできる」「うまくいく」ということを心から信じることである。

僕も何か考えたいな。髪の毛をかきあげるポーズとか…。ちょっとキザかな。

ちょっとモリチュウ待って!それ俺のポーズだから取らないで!

できねえじゃねえか!

「緊張」とうまくつき合う方法

「頑張ろう」「恥をかきたくない」などという気持ちは、緊張やあがりに繋がりやすいのをご存知だろうか。逆に「楽に、楽に」「ダメならまた挑戦すればいい」などという気持ちは、緊張を緩和するイメージに繋がる。さらに、最初から「緊張しているから失敗する」と思うのではなく、「よし、緊張してきた、うまくいくぞ」と思えるくらいになってしまえば、もう恐れるものはない。こういう考え方は、スポーツ選手などにも良く見られる傾向であり、試合前などに「よし、緊張してきたから集中できそうだ」「このゾクゾク感がたまらない」などと考えるようだ。 このように、緊張することへのイメージを変換することができれば、緊張とも上手に付き合うことができ、物事の結果を大きく変えることができるのだ。

緊張やあがりによって、恥をかいたり失敗したりすることは、どうしてもネガティブなイメージを生んでしまいがちですよね。でも実は、緊張することはとても大切なことなんです。「この緊張感がたまらねえね!」と思えるレベルまで到達したいもんですね。

まとめ

緊張を和らげることは大切だが、適度な緊張は必要な要素なのだ。そしてその「緊張」とうまくつき合うことで、あなたの明日を大きく変えることができるのある。

  • 緊張を和らげるテクニック
  • 「緊張しない自分」を習慣にしよう
  • 「緊張」とうまくつき合う方法

この3つを実践すれば、人前に出て話すことも苦手ではなくなるはずだ。大切なのは緊張することへのイメージを変換すること。それができれば、必ず結果が出せるはずだ。検討を祈る。

今回勉強したことをもっと詳しく、具体的にそして完璧に実践したい方は、下記リンクの書籍を購入してみてもいいかと思います。詳しくはお教えできませんが、メンタル面を重視した方法や、洗剤意識を書き換えて、根本からあがりを改善する方法まで、これまでになかったプログラムとなっています。真剣にあがり症で悩んでいる方は、チェックしてみてください。