INSERT COIN
グッドライフ
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • RSS
悩み解決

あがり症でない人の特徴から対策を導き出す!あがらない心理とコツ

あがらない心理とコツ

世の中には「あがり症の人」と「あがり症でない人」が存在する。そして人前であがってしまうことは、ビジネスのシーンなどでは大きな弱点となり、出世のチャンスを逃してしまうことも少なくない。今回の特集では「あがり症でない人の特徴」を学び、そこから緊張しない対策を講じていく。また本当は教えたくない、究極のあがり症克服のトレーニングも紹介する。

モリチュウは「あがりやすい人」の部類ですね。

その通りです…。何とかこの特集で治せればと思ってます。

サイゴーさんは…えっと「ハゲあがりやすい人」の部類かな。

はいその通り!っておかしいだろ!いや、おかしくないわ!その通りだわ!

冗談ですよ!サイゴーさんは完全に「あがり症でない人」です。というわけで世の中には「あがり症の人」と「あがり症でない人」が存在します。そして「あがり症の人」は「あがり症でない人」の特徴を知ることで、そこから対策を立て、克服の第一歩になるというわけです。それではまずは「あがり症の人の特徴」を見ていきましょう。

「あがり症の人の特徴」を知る

あがりやすい人の特徴

  • 生真面目
  • 劣等感が強い
  • マイナス思考
  • 責任感が強い
  • 完ぺき主義
  • コンプレックスを持っている
  • 引っ込み思案
  • プライドが高い
  • 場の空気が読める

わお!完璧、モリチュウじゃん!さらに俺とは正反対の性格だわ!

怖いくらい当てはまってますね…。

ちゃんと場の空気を読めて、真面目な常識人にはあがり症が多いんです。次に「あがらない人の特徴」を見ていきましょう。

「あがり症でない人の特徴」を知る

あがり症でない人の特徴

  • プラス思考
  • 「まあ、いいか」が口癖
  • 他人の目を気にしない
  • 話すスピードが遅い
  • 自分にやさしい
  • 失敗を恐れない
  • 適当な性格
  • 集中力が高い

おお!何事にも動じない、図太い性格の人ですね!うらましいです。

サイゴーさんはけっこう当てはまってるでしょ?特に「まあ、いいか」ってよく言ってますもんね。「まあ、いいか〜♫まあ、いいか〜♫ハゲてもまあいいか♫」って。

だまらっしゃい!ハゲに関してはナイーブなんだから、覚えときな!

両者の特徴で分かることは、「心の持ち方」の違いが大きいということですね。あがり症じゃない人は、いつでも心も体も元気に満ちている感じがします。

そうなんです。そして、あがり症ではない人の心理を学ぶことで、少しでもあがり症ではない人に近づけるというものです。では次に「あがり症にならない心理」をお伝えします。

あがり症にならない心理と対策

失敗した過去とサヨナラ

過去に失敗した出来事をくよくよと後悔してはいけない。このような心理がトラウマとなり、次回のあがり症を誘発することとなるのだ。過去の失敗とはきっぱりと決別しよう。

一歩前へ

いつまでも安全な場所で立ち止まっているだけでは、あがり症は決して克服できない。何事にも挑戦する気持ちを持って、まずは一歩前へ進んでみよう。

笑顔でいよう

笑顔は自分も人も明るい気持ちになる。笑顔で人前へ立てば、場の雰囲気が和み、緊張感が和らぐ。さらにはポジティブな気持ちにもなれる。いつでも笑顔を忘れずに。

上記のことを意識するだけでも、あがり症を少しは克服できるんじゃないかと思います。

確かに、「あがり症でない人の特徴」にある項目はその人の性格であり、その性格になろうと思ってもなかなか難しいものですよね。でも、上記の心理なら意識することはできます!

あがらずに話せる方法

「スピーチではいつも緊張で手が震える……」「会議で発言の順番がくるとドキドキする……」「明日がプレゼンだと思うだけで憂鬱……」 。このような経験はないだろうか?人前で話すことはビジネスのシーンだけでなく、日常の様々な場面で度々登場する。もしも人前で話すことに対して何の不安もなくなったなら、人生はとても明るく拓けたものになるだろう。そうなるためには、あがらずに話せるコツの習得が必要なのである。

あがらずに話せるコツがあるんなら、教えてほしいですよ!

それがあるんです!実は最近、「超カンタン!あがらずに話せる正しい方法48」という本を読んだんです。

超カンタン! あがらずに話せる正しい方法48

スピーチ・朝礼・会議・面接でドキドキしない!商談・プレゼン・営業が面白いほど成功する!人前で話すのが苦手な人でも大丈夫!あがらずに話せる超シンプルなテクニックを大公開!

なかなか良さそうな本ですね。

そうですね。ありがちな抽象的な精神論なんかよりは、よっぽど役立つ内容でした。その中で出てくる「あがらずに話せるコツ」をほんの少しだけ紹介します。

目を意識すれば「人前で話すのが苦手」が消える

  • 「見られている側」という気持ちから、「見る側」という気持ちに切り替える。
  • 常に1人だけの目を意識し相手にして、また次の人というように1人だけを順に相手する。
  • 資料などのモノで相手の視線をずらす仕掛けを作れば、あがらなくなる。

というように、目線を意識するだけでも、かなりあがり症を克服できるんです。

けっこう難しそうだな。

まあ、サイゴーさんの場合は、そもそも目線を合わせられないですよね。眩しすぎて。

「サイゴーフラッシュ!」っていつも出てないわ!眩しすぎて見れないって太陽レベルじゃねえか!

漫才はさておき、決して難しいことではないんです。ちょっと意識しておくだけで、緊張の度合いが全然違いますので、覚えておいてください。

本当は教えたくない究極のあがり症改善トレーニング

どうでしたか?あがり症にならない心理とコツは?これだけでも、かなりあがり症を克服できたかと思います。

今まで誰も教えてくれなかった克服法だったので、大変参考になりました。でも…多分、きっと、まだ人前に立つとあがりますね…。完全には克服できていないですね。

あがり症を根本から克服することは非常に困難なことです。先述したようにあがり症ではない人というのは、そもそも性格から違いますから。

やっぱり難しいんですか…。

一つだけ方法があります!どうしてもあがり症を克服しなきゃいけない人にオススメのトレーニングがあるんです!詳しくは教えられませんが、このトレーニングは「具体的」なあがり治療を実行しているんですよ。

どういうこと?

実は一般的な本などの改善法は、抽象的な表現や心構えが多く、言ってることは分かるけど、実際どうやったらいいのか分からない情報がほとんどなんです。

このトレーニングでは、どういったことを教えているんですか?

それはここではお教えできません。実はこのトレーニング法は書籍となっているのですが、一般の書店では販売していないんです。もちろんアマゾンなどでも買えません。というのも、まだ世に知られたくない情報、他では知り得る術のない情報なのです。

どこで入手できるんですか?

こちらからのみ購入可能です。上記リンクから詳細ページへと移動しますので、トレーニングの詳細を是非ご覧いただければと思います。

え、トレーニング開始から5分〜60分程度で「あがり症」を改善できるの?マジかよ。

それがマジなんです!「緊張や不安を3〜5分で消しさる方法」や「潜在意識を書き換えて、根本からあがりを改善する!」、「メンタル強化とイメージトレーニングを組み合わせた、あがり症改善の方法」など、かつてないあがり症改善のプログラムとなっています。

もっと教えてくださいよ!

ヒントは「具体性」です。一般的な克服法は「抽象的」なのに対して、このトレーニングは「具体的」なあがり治療を実行しているんですよ。お教えできるのはここまでです。後はご自身で実践して試してみてください。